銀座815|銀座いわ×ボランジェで鮨ランチ/the 288th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、288日目です。本日は久しぶりのお寿司です。

銀座6丁目コリドー街の近くに、2016年12月オープンした高級シャンパン「BOLLINGER-ボランジェ」とミシュラン1つ星の鮨店「銀座いわ」のコラボレストラン「銀座815」さんがランチをスタートしたので早速お伺いしてみました。

とても鮨店と思えない洋風な外観。

もともとドトールコーヒーのあった場所ですが、入ってみても全く面影なし。高級感溢れる店内です。真昼間ですが、少し夜の香りがいたします。

入ってすぐがウェイティングスペース、続いて個室、奥がL字型のカウンター。

和のテイストを残しつつも非常にスタイリッシュな雰囲気、高級感もありムードも満点。サービスの方の感じがとても良いので、銀座の一般的な鮨店に慣れていない方でもリラックスできそうです。

現在ランチは¥5,400のコース1本。ペアリングコース ¥3,500も惹かれましたが、仕事中でしたので今回は遠慮させていただきました。

・野菜ブイヨンのフラン サワークリームとキャビア添え

上にはフレッシュトマトがたっぷり。爽やかで美味。

お寿司は8貫 + タマゴ + 巻物1本。

・ヤリイカ、ヒラメ、赤身、トロ

シャリは小さめの赤酢のお鮨で、シャンパンやワインとマッチするように工夫されているようです。

・〆サバ、コハダ、煮ハマグリ(写真撮り忘れ)、アナゴ、タマゴ

〆サバの4枚付けは初めてで新鮮でした。アナゴなどのツメも甘みが抑えられており、〆ものにしても非常にすっきり。全体的にクセのない上品なお味です。

・かんぴょう巻き

・オマール海老ビスクの味噌汁 西京味噌仕立て

味噌汁も洋風、中にカリカリの粒(炒ったクミン?教えてもらったのですが失念)が入っていて楽しいです。

・オリーブオイルのジェラート サルディーニャ産エキストラヴァージンオイル風味

こちらも珍しいデザートですが、舌触りも滑らかで美味しくいただきました。

普通のお店ではボトルでしか飲めないものも、各種グラスで用意されているそう。 食事だけでもよいのですが、やはりシャンパーニュなどのお酒と一緒に楽しまなければ真価は発揮されないのでしょう。

サービスもスマートですし、そういった種類のお酒が好きな方には、とても喜ばれそうです。 色々試行錯誤されているようなので、今後の展開にも期待が膨らみます。

ちなみに不思議な数字の店名はBOLLINGERの「B」を8、IWAの「I」を1、STILLFOODS(経営元)の「S」を5に見立てたものだそうです。また飲める状態でお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“銀座815”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です