銀座 樹蔭|洋のニュアンスが楽しい良和食店/the 349th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」349日目、本日は和食です。銀座5丁目、昭和通りの新築ビル「GINZA12」の地下1階にオープンした和食店「銀座 樹蔭-こかげ」さんにランチ訪問いたしました。

1階もお店が入っておらず、まだ未完成のようですが、何店舗かの飲食店が営業スタートしています。看板の中に東北沢のミシュラン1つ星の和食店「与志福」さんの名前を発見!オープンが非常に楽しみです。

店内はカウンター席にテーブル数卓、個室1部屋。新しいお店らしく清々しい雰囲気です。 ランチは¥1,580からありますが、本日はコース仕立ての・松風 ¥3,300(w/o tax, 女性限定割引¥2,800)をお願いしました。

先付・ユリ根のムース、ズワイガニ

北海道産の月光という希少なユリ根のムース、ユリ根は大好物、ほんおり甘くて美味。 オリーブオイルが使われているのも面白い。この後に期待が膨らむ前菜です。

八寸・ワカサギ南蛮漬、カボチャ甘酢和え、蒸し鴨、フォアグラのキャラメリゼ、金柑の蜜煮

なかなか豪華で見た目も素敵な八寸。 低温調理の鴨は大変柔らか、優しい甘さに包まれた幸せな金柑、色んな味の混じった表現し難い美味しさです。

造り・本マス、タコ、マダイ昆布〆

こちらも綺麗な盛り付け。本マスは脂ノリノリ、タコは低温調理、お造りも鰹出汁やオリーブオイルなどを絡ませており、ちょっと楽しい。

メインは肉か魚か、今の所は選べるわけではなく、日替わりでどちらかになるそうです。

今日はお肉料理で・蝦夷鹿シチュー、当たりです!

お肉は柔らかトロトロ、クセは全く無し。コクがしっかりあって美味しいシチューでした。

食事・ユリ根の炊き込みご飯、生ユリ根の梅肉乗せ、ウドの味噌汁、ぬか漬け

先付けで使われていたユリ根は生食可能、シャキシャキでした。

甘味・ドライイチジクと抹茶のチョコレート

デザートも良い。イチジクはブランデーに1日漬け込んであるそうで、大人なお味。

品数も多く、お腹もいっぱい、この内容にして値段もリーズナブルで大変満足! 着物姿のサービス陣もとても雰囲気がよく、新しいお店では久々の好感触でした。 暖簾には上原浩氏の名文句「酒は純米、燗ならなお良し」、日本酒にも力を入れているそうなので夜の料理とお酒も興味津々。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


神戸プレジール銀座|10食限定 神戸牛ステーキビーフシチュー/the 348th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」348日目、本日は皆大好きビーフシチューです。

作年オープンした銀座4丁目交差点の新ランドマーク「ギンザプレイス」。

最上階11階にある神戸発の神戸牛専門の鉄板焼店「神戸プレジール銀座」さんにお伺いしました。以前も鉄板焼きをいただきにお伺いしたことがあるのですが、ランチに新メニューでビーフシチューを提供されていると知り早速お伺いいたしました。

新しい施設だけあってとても綺麗で、天井も高くゆったりとした雰囲気。エントランスから華やかで銀座らしい装いです。テーブルに案内されるまで素敵なサロンで待機。

以前鉄板焼きをいただきにお伺いした時は、こちらで食後のコーヒー、デザートをいただきました。

窓からは先っぽだけですがスカイツリーが見え、高いところにいることを実感できます。夜はさぞムードのあることと想像されます。

 前回は鉄板焼きをいただいたのでカウンターでしたが、10食限定の・神戸ビーフステーキシチュー ¥3,800(w/o tax)の場合は奥にあるホールのテーブル席に案内していただきました。

1人でしたが4人掛けテーブル、静かでゆったりとした大らかな店内、流れるクラシック音楽も空間とぴったり合っており心地良い雰囲気です。

コース仕立てになっています。まずはコチラから。

・マッシュルームのスープ

マッシュルームもそうですが、ほとんどの食材が兵庫県産です。 とても香りが良く濃厚なポタージュスープでした。美味。

・産直野菜の彩サラダ

13種類のお野菜使用。12種は兵庫県産ですがフリルレタスのみ千葉県産、惜しい!

・神戸ビーフステーキシチュー、焼き野菜付

3日間じっくり煮込んだという神戸牛スネ肉のビーフシチュー。お肉自体の旨味はやや控えめなものの、ナイフはいらないぐらい柔らか。見た目よりずっとさっぱりと仕上がったコク深いデミグラスソースがとても美味しい。ステーキ仕立てで非常に贅沢感が有るビジュアルが素敵です。

パン(フォカッチャ)かライス(兵庫県産コシヒカリ コウノトリ米)の選択可能で本日は・ライスをお願いしましたが、このスタイルだとパンの方が相性が良いかもしれませんね。ちなみに嬉しいお代わり無料です。

・ピスタチオのアイス、オレンジゼリー、バニラのシフォンケーキ

デザートもちょっと豪華な3種盛り、どれも美味しいです。

最後は・コーヒー、バニラクッキーをいただきゆっくりと。

今日いただいたビーフシチューは最初は期間限定だったのですが、好評につきレギュラーメニューになったそうです。お店の雰囲気や立地、メイン以外のコース内容も考えると、大変満足感のあるランチタイムでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「神戸プレジール銀座」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


寛幸|今宵も素敵な寛幸時間/the 347th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」347日目、本日は和食です。三田の有名和食店「晴山」出身の佐藤寛幸さん自身の名前を冠したお店「寛幸」さんにお伺いしました。

場所は東銀座4丁目、松屋通り沿いのビルの6階。

1階はシュークリーム店、上階にはフレンチ「ラ ターブル プリベ イシダ」、イタリアン「ピウ」、鮨「あらた」など良いお店が入っている美食ビルです。

いきなり驚くのは内装。店名とロゴの感じからシンプルな和食店を想像していたら、非常にモダンでスタイリッシュ。

バーのような雰囲気にしたかったと聞いて納得、写真に写っていませんが右側の小さい2人掛けテーブルがバー感を一層高めているようです。

本日は・おまかせコース ¥15,000(税+サ別10%)をお願いしました。

・レバニラ

こちらのお店のスペシャリテともなっているレバニラの概念を覆すレバニラ。そもそも冷製です。シャキシャキのニラとモヤシに、滑らかしっとり上質な鶏レバの組み合わせが最高。出汁まで美味しい。

続くお椀も良い。大量の浅葱(?)の下は・スッポンのワンタンスープ

中にはエンペラも入っていました。鶏とスッポンのワンタンって素敵、大寒の折、ピリッとしたスープが体に優しい。

・フグ白子、カラスミ

白子が本当に美味しい季節、カラスミが良い味出しており、お酒が進みます。

・ブリ照り

良く絡む甘いタレが上品過ぎるブリ照りのマキシマム。絶品!

・能登産岩もずく

シャキシャキ食感が楽しい、さっぱり箸休め。

・飛騨牛ヒウチ、椎茸、里芋の小鍋

地獄のような熱さの餡掛け仕様ですが、お味は天国。ヒウチはモモ肉の一部で、霜降りのサシの入る希少部位。柔らかで旨味もたっぷり。

・越前ガニ、セリ、ゴボウの炊き込みご飯、お新香、味噌汁

ちゃんと味噌入り、カニの旨味、ゴボウの食感、香りの良いセリは根っこもたっぷり、実はこの部分が一番美味しいのです。


素材の出汁がたっぷり沁みた優しいお味の絶品ご飯。1.5合完食です!

・イチゴのクリームブリュレ

最後はイチゴが爽やか、美味しいデザートで。

ワンタン、レバニラ、ブリ照りと家庭でもお馴染み料理のアップデートが新たな世界を開きます。1年ぶりのお伺いでしたが、前回よりもオリジナリティがしっかり出ており、今後がますます楽しみなお店です。サービス精神溢れる美味しい料理の数々、次に何が出てくるんだろうというワクワク感も素敵で、大満足!

打ち解けやすく話術でも楽しませてくれる寛幸さんの性質も素晴らしく、名は体を表すとはよく言ったものです。「寛と幸」の二文字に全てが表現された素敵なお店、また戻ってきたくなる素敵な空間です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ル ジャルダン デ サヴール |ベキャスの超衝動/the 346th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」346日目、本日はフレンチです。当ブログの47日目にご紹介させていただいた「ル ジャルダン デ サヴール」さんに、この時季だけのジビエをいただきにお伺いいたしました。

場所は東銀座6丁目、昭和通りから少し東(築地寄り)に入ったところのビル地下1階。

フランス国旗が目印です。

・キジ、イノシシ、ゴボウのパテ 金柑ソース

いきなり凄い破壊力、金柑好きです。

・潰しジャガイモのトリュフドレッシング和え トリュフ卵トリュフピューレ掛け

素晴らしく良い香り。ジャガイモ、トリュフ、卵を混ぜて三位一体でいただきます。 高級食材なのですが、気取りがなく、親しみの湧く、まったりした雰囲気が良いですね。

・八角風味スッポンの炭火焼と内臓入りそばの実のリゾット

こちらのスッポン料理も絶品。骨付きの前足、リゾットは滋味深い美味。

・温野菜のガルグイユ

フランスを代表する料理人ミシェル ブラス氏直伝のスペシャリテ。ブラス氏はこちらのお店の名付け親でもあり、中澤シェフの想いが沢山込められた逸品。野菜の旨みが強い込んだスープが美味しいです。

・クエのナージュ

上にはトリュフチップ、旨みが沢山詰まった頭は実は最も美味しい部位の1つ。骨が沢山あるので、会話もなく夢中でいただきます。

続いてメイン!

・ベカス(ヤマシギ)のロースト

「ジビエの王様」と呼ばれる希少なベカス。感謝の念が沸き起こる、素敵な見目と香り。 3週間熟成でお味も凄かったです! 今冬はジビエを何度かいただく機会がありましたが、比較にならないほどの力強い旨味。 非常に特徴的ですが、決して「クセのある」という表現は当てはまりません。とにかく旨い!奥に眠る何かが覚醒しそうな衝動。何故かイワシのような味がするもも肉も絶品!

トロッとアンニュイなムードなブレイン、カリカリトーストの乗った内臓も絶品。クチバシから骨までバリバリ残さずいただけます。 そしてベカスとコニャクのソースも超絶。パンに付けるだけで大変なご馳走です。流石は「王様」素晴らしい!

大満足の後は定番のデザート2種で興奮を落ち着けます。

・レモンゼリー、バニラアイス

・コニャック風味フォンダンショコラとキャラメルアイス

今は当たり前のファンダンショコラ、なんでも中澤シェフが考案した料理だとか。濃厚ですが、くどさがなく美味しいデザートです。

最後は・コーヒー、小菓子をいただきてゆっくりと。 今日は生涯記憶に残る良い1日でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。