サローネ東京|ミッドタウン日比谷の優雅なイタリアン/the 358th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」358日目、本日はイタリアンです。3月29日にオープンした日比谷の新ランドマーク「東京ミッドタウン日比谷」。

その3階にあるイタリアンレンストラン「サローネ東京」さんにお伺いいたしました。サローネは横浜を拠点とするイタリアンの超有名店。スタッフの方曰く、満を持しての日比谷(銀座)出店だそうです。

エントランスもそうですが、イメージカラーはゴールド。

エレガントなムード溢れる店内は天井も高く、席間もゆったりとしています。大きくとられた窓から入る日光とゴールドとの相性も抜群です。

ランチコースは2種類ありますが、本日は一番リーズナブルな・4皿のメニュー デグスタッツィオーネ ¥6,000(w/o tax)をお願いしました。内容はプリフィクスではなく、全てお任せです。まずはこちらから。

・真蛸のアスピック シチリア風

上の綺麗なアスピックはアサリ出汁にサフランで色付けしたもの。下はウイキョウ、赤タマネギ、レンズ豆、ナッツ、ウニなど。見た目も美しく、フレッシュ感と食感が素敵です。

・全粒粉のパン

グリッシーニをイメージした外はカリカリのパン。中はふんわり仕上げられており冷めても美味しいです。食器はローゼンタールのものなど、やはりゴールドが多く使われています。

・イタリア産仔豚のタリアテッレ

本日一番印象的な料理。パスタが美味しいのは良いです。 仔豚の肉が非常に柔らかで、パスタの小麦感、モチモチ食感も素晴らしい。燻製したリコッタチーズ、ミントで香り付けしたグリーンピースが香りと味に深みを加えているようです。 トマトと仔豚の出汁のソースが全体を綺麗に包括。美味です。

・岩手県産短角牛のサーロインのアッロスト 根セロリのバリエーションと共に

歯ごたえ良く旨味たっぷりの短角牛、とろりとしたコクのあるマルサラ酒の甘いソースを合わせています。ポーション少なめで、もっと食べたい!さっぱり爽やか3パタンで調理されたセロリラヴが美味しい。

・白いティラミス

デザートはシェフが目の前で仕上げていただけます。 キャラメルアイス、ポレンタ、ラムレーズン、松の実、雪をイメージした白いサクサクはオリーブとコーヒーで仕上げたもの。こちらも様々な素材の味と食感のコンビネーション良く美味です。

最後は美味しい・小菓子、コーヒーで。

コロンを長く伸ばしたようなお菓子はシチリア島のカンノーロ。中にはブロックチョコが入った素朴なほっこり味。

テーブルに飾られた象徴的なゴールドのバラがこのお店の全てを表現しているようです。

料理が出てくるのはゆっくりで1時間40分ほど。スピード感、ボリュームがもう少し多いと嬉しいですが、料理のビジュアル、サービス、空間も素敵で、デートなどには最適。 パスタがとても美味しかったので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

東京ミッドタウン日比谷、連日かなりの賑わいのようです。

6階には皇居外苑、日比谷公園を望む「パークビューガーデン」があり、お散歩にも最適。カフェも併設していますので、テラスで飲食することも可能。寒くも暑くもない今は最高の季節です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


とんかつ檍 銀座店|蒲田で大人気の豚カツ店がオープン/the 357th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」357日目、本日はトンカツです。

3月26日、行列が絶えない蒲田の人気とんかつ店「檍 あおき」が銀座8丁目にオープンしたと知り、早速ランチ訪問いたしました。

銀座8丁目「第三ソワレ ド ビル」の地下1階、中央通りからでも金春通りからでも入れます。外に看板は出ていないので要注意です。

カウンター5席と奥にテーブル席数卓の落ち着いた店内、オープン仕立てですが、すでにとんかつ屋独特の油の香りに満ちています。ランチはランチロース定食 ¥1,200から、海老フライやカキフライもありましたが、本日は・特上ひれかつ ¥2,500 をお願いしました。すぐに昆布の佃煮と冷たいお茶が運ばれてきます。

目の前にはボリビア、モンゴル、沖縄の塩3種。

隣には逆さにしてガリガリするタイプの器にパキスタンのヒマラヤ黒塩!と塩にこだわりがあるのは、塩派の期待が高まります。

10分ほどで・特上ひれかつ到着。

長さそのまんまと思いえる長〜い棒状ヒレカツ。衣はキツネ色。

ジューシ感みなぎる断面は綺麗なピンクグラデーション。

ザクザクっと歯ごたえの良い衣に、噛むと甘い肉汁が溢れる弾性の強いヒレカツ。分厚くカットされ歯ごたえも凄いです。歯ごたえがかなりあるので、後半ちょっとアゴがお疲れ気味でしたが、ちょっとクセのある黒塩とコクのあるモンゴル岩塩で美味しくいただきました。肉汁の甘さを楽しむトンカツもまた乙ですね。


玉ねぎ、ごぼうなどの野菜が沢山はいった豚汁も美味しくいただきました。 まだ少し不慣れなようですが、スタッフの皆様の接客も感じよく大変気持ちの良いお店です。気になるメニューがありましたので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

1週間後、気になった・肩ロース ¥2,000 をいただきにお伺いいたしました。 基本的にヒレカツしか食べないのですが、普通のロースではない肩ロースのトンカツとはどんなものでしょうか。

揚げ方にコツがあるのか、普通のとんかつより時間がかかり15分ほどで到着。

今日も見た目から美味しいたっぷりとした厚みとキツネ色。 たまたまなのかもしれませんが、左右で全く違う肉質が面白い!

最初に右側からいただいたのですが、こちらは赤身と脂がバランス良く混在。

柔らかい食感で、塩でいただくと脂の甘みが引き立ち最高に美味しいです。 対して左側は脂身がほとんどなくヒレに近い風合い。ただヒレよりも肉々しいワイルドなお味。 1本で二度美味しい優れものの肩ロース、大満足です。

感じの良い接客は変わらず、最初から最後まで今日も気持ちの良いお店でした。周りを見てみると・ランチロース ¥1,200、・牡蠣フライ単品 ¥800セットが人気のようでした。私は牡蠣が得意でないのですが、絶品だそうです。もうすぐ終わるようなので、牡蠣フライ好きは要チェックです。

お店の営業は11時から。オープンしてまだ10日ほどですが、12時を過ぎると行列が出来始めているようです。気になる方はお早めに。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 五明|武家屋敷でいただく秋田牛の鉄板焼き/the 356th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」356日目、本日は鉄板焼きです。

銀座6丁目、数奇屋通り沿いに2年前にオープンした秋田牛専門の鉄板焼店「銀座 五明」さん。

ランチを始められたとの情報を得て早速お伺いいたしました。 ランチでも夜のコースをいただけますが、本日は・ランチ限定コース ¥10,000(サ別10%, w/o tax)を事前に予約させていただきました。

お店はビルの地下、まずは店内の威厳のある雰囲気が凄い。オープンして間もないとは思えない漂う風格は、秋田の武家屋敷を移築したからだそうです。やはり本物の持つ深みは格別で、かなりの見ごたえです。

個室も沢山ありますが、美しい鉄板カウンターでいただきます。まずはこちらから。

前菜・有機野菜のサラダ

ホワイトアスパラ、山菜、ホタルイカ、そば粉のガレットなど盛り付けも綺麗な春の風景。

その間に鉄板の上では早くもお肉が焼かれていきます。極厚のお肉は、前菜のタイミングから低音で火入れし、旨味を閉じ込めていきます。こちらは少し火を入れた状態です。

ランチのお肉はフィレ80g or サーロイン100g なのですが、1人でいらっしゃっていたお客様がシャトーブリアンを指定していたため、幸運にもご相伴に与ることができました!奥の黄色い物体はオリジナルのエスカルゴバター。

鮮魚の鉄板焼き・アカマス、ホタテ、木の子

季節の食材はやはり旨味たっぷり。香り高いエスカルゴバターが美味しさをさらに向上。

自分のために美味しく焼きあがっていくお肉を見られるの鉄板焼きの醍醐味です。

シェフと楽しくお話ししているうちに出来上がります。

・秋田牛シャトーブリアン80g

薬味は安藤醸造の10年物のさいしこみ醤油、オレンジで味付けした大根おろし、塩、ワサビの4種。 柔らかいお肉を想像していたのですが、思ったより歯ごたえ有り。中に閉じ込めらえた上質な肉汁は至福ですね。シンプルに塩とワサビが一番好み。

最後のお楽しみは「みほうまれ」の白飯。

「みほうまれ」は、あきたこまちの中から厳選された最上級米。

・白神山水で炊いた「みほうまれ」土鍋ご飯、味噌汁、がっこ

甘みがある大変美味しいお米でした。 素朴なお味噌汁、べったら、いぶりがっこ、チョロギも温かみのある気分です。

・ブランマンジェ フルーツ添え

最後のデザートもしっかり美味しいです。バナナ、イチゴなど使用されているフルーツも全て有機栽培のもの。こだわりが嬉しいですね。

「銀座 五明」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

シェフ、ホールの方も丁寧かつ親しみのあるサービスで、銀座にいるのを忘れるような静穏で安らかな雰囲気の中でいただく美味しいお肉は格別です。秋田と食材への愛情とこだわりが伝わるお店です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


バンゲラズ キッチン|南インドのマンガロール料理専門店/the 355th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」355日目、本日はインド料理です。

高速道路下の商業施設「銀座インズ2」の2階に今年オープンした「バンゲラズ キッチン」さんにお伺いしました。

南インド料理店ですが、西側アラビア海に面した港湾都市「マンガロール」の料理にしぼっているのがユニークです。

小さいお店で席間狭め。写真に写っていない両サイドにもテーブル席がございます。

銀座ですが気楽、夜の賑わいが想像されます。

本日は¥1,500からあるホリデーランチメニューからカレー2種が選べる・カレー定食(ミールス) ¥2,500をお願い致しました。

10分ほどで到着

・チキンカレー、ほうれん草コルマ、サンバル、ラサム、ポリヤル(サラダ)、チャツネ、ロティ、バスマティライスの定番南インド定食。 銀色の器が新品でピッカピカなのが何だか嬉しいです。

南インドなのでガツンとするものを予想したのですが、非常にマイルド。

ラサムにしても酸味辛み少なく、辛いのが苦手な方でも食べられそうです。 程よく酸味が効いたチキンカレー、ブロッコリーなど野菜たっぷりのコルマもさっぱりとしていますね。 香ばしいロティとバスマティライスに付けて美味しくいただきました。価格はやや高いですが、上質感を感じられるカレーでした。

後日、気になったビリヤニをいただきに再びお伺い。週末はランチタイムでもグランドメニューからオーダー可能です。

魚が名物ということもあり、メーン(フィッシュ)ビリヤニも気になりましたが、本日は・マンガロール マトンビリヤリ ¥1,600(w/o tax)をお願いしました。

最初に取り皿がきて、何でだろうと思っていたら孟宗竹の器に入って登場!

これがバンガロールスタイル?と思いきやオーナーの趣味だそうです。。。 一見ボリュームは少なそうに見ますが、竹に詰まっているため十分。


辛さは極控えめで南インドのようなパンチはないものの、ややねっとりとした質感、爽やかで上品なスパイス感で美味!マトンも中にゴロゴロ入っており柔らかくて良い感じです。


ライタ(ヨーグルト)をかけていただくと味がまろやか、キュウリの食感も加わりまた違ったお味を楽しめますね。 お値段は少しお高いですが、やはり美味しいお店です。

そしてスタッフさん、説明も丁寧で非常に感じが良く、気持ち良く食事ができます。インド料理店が多い銀座ですが、また素敵なお店ができて嬉しい限りです。他店にはないユニークな料理が多いので、何回も通いたくなるお店です。次はドライカレー、魚カレーをいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。