上海料理 四季|清涼感漂う美味な鶏スープ麺/the 299th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、299日目です。本日は中華料理です。本場の上海料理がいただけるという「上海料理 四季 陸氏厨房」さんにお伺いしました。上海の三ツ星ホテルで総料理長を務めていた陸鳴氏がオーナーシェフのお店です。

場所は銀座7丁目、花椿通り沿い、アソルティ銀座の9階。

実は以前にも訪問したことがあります。その時はエレベーターが開いて3分ほど待っても誰もいらっしゃらなかったため、そのまま退散いたしましたが、本日は大丈夫でした。

ゴージャス感のある店内、奥にはさらにゴージャズそうな個室もございます。

¥2,980のコースもありますが、2名からということで本日は単品オーダー。

・上海焼き餃子 ¥648

「汁が入っているので一口目お気をつけください」と注意を促される餃子は黒酢でいただきます。 見た目は水餃子のようですが、日本の餃子と違い皮が分厚くモチモチ。

昔、餃子の皮を手作りしたら中華まんのような厚さになったのを思い出しましたが、当然ながら味は全く違います。 一口噛むとお尻から汁が飛び出す小龍包風。スープのしっかりとした味付けが美味しい新感覚の餃子でした。

中華麺は3種類選べるスープの中から・鶏スープ麺 ¥1,080 をお願いしました。トッピング、レギュラーの中から1つが無料で選べます。 トッピングは角煮、厚切りチャーシュー、玉子など、レギュラーは炒めものなど一品料理のようなもの色々。 レギュラーとは一体何なのか謎でしたが、お進めのレギュラー・マコモダケと高菜と細切り肉炒め(単品¥680)をお願いしました。

まずはレギュラーが到着、枝豆と高菜和え、青菜を茹でたもの付き。

麺が来るまで、レギュラーをそのままいただきます。唐辛子でマコモダケの甘みが引き立ち、食感良く自然なお味。

続いて・鶏スープ麺が到着。

具はネギのみ。なるほど。そういうことですか。非常に綺麗な黄色いスープは、透明感のあるお味で、喉越し良く清涼感のある細麺とよく合います。こちらのスープ、単に茹でた青菜を浸すだけでも大変美味しくいただけ、なかなか秀逸。このままでも十分いけますが、麺の量が多いため味変が必要です。 途中でマコモダケの炒めものを投入。濃密な味になり最後まで美味しくいただけました。

最後は口直しの・イチゴ(何故かパセリ添え)まで付いてお腹いっぱい。

お得感も有りでした。仕組みもわかったので、次回は角煮などをトッピングして豪華にいただきたい。炒飯など気になるメニューもありましたので、またお伺いいたします。四季さん、けっこう良いかも。ごちそうさまでした!

そんな訳で後日再びお伺い。土日ランチもL.O.15:30まで営業されているので助かります。

麻婆豆腐が乗ったマーボー焼きそばも気になりましたが、今回はチャーハンで。

・五目炒飯 ¥1,274

パラパラの理想的な仕上がり。 具材はネギ、卵、焼き豚、シメジ、ニンジンと本当に五目。塩気はあまり感じられない大変な薄味です。 その分、豚肉の甘みが引き立ちますね。 マイルドなお味で、個人的にはなかなか好みのチャーハンでした。

アオサのスープも同じく薄味で。体に優しく感じます。

次回はまた麺をいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「上海料理 四季 陸氏厨房」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


Bar 耳塚|魔法使いは地下がお似合い/the 298th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、298日目です。本日は珍しくバー、「Bar 耳塚」さんにお伺いしました。カクテルなんてここ15年くらい飲んだ記憶がなかったのですが、驚きの連続!大学時代に飲んでたアレはカクテルにしてカクテルに非ずなのでした。

場所は銀座6丁目、ソニー通り沿い、当店からほど近くのビルの地下2階。

重いドアを開けると、現れる素敵な店内。

カウンターにテーブル席3卓、暗い照明に重厚感のある家具と非常に落ち着いた大人の空間です。ちょっと肩に力が入ってしまいそうな極上の雰囲気ですが、オーナーの耳塚氏と男性バーテンダーお二人は、非常に気さくでユーモアもたっぷり。挨拶も溌剌としており、初めての来店でもすぐに緊張は解きほぐされるようです。

まずお通しは・あられ、オニオンスープ

スープはオクラが入って胃にも優しい一杯です。

耳塚氏は「IBAワールド・カクテル・チャンピオンシップ」という大会の「アフター・ディナー・カクテル部門」で世界一に輝いたという方ですから、カクテルを頼みたい。 カクテルの種類がほぼわかりませんが、大々雑把なお願いでも大丈夫なので安心です。 まずはサッパリとした甘さ控えめカクテルをオーダー。

・ソルクバーノ

神戸市の「サヴォイ北野坂」というバー考案のラムベースのカクテル。 輪切りのグレープフルーツにミントが乗ったトロピカルな見た目が良いですね。見た目も良いですが、味も素敵。全く雑味がなく清潔感のあるお味。美味!

・モヒート

ハバナ発祥で有名なラムベースのカクテル。私でも名前くらいは知っております。 新鮮なミントが手に入ったということで一足早く夏気分。ミントが大量に入っており驚きましたが、フレッシュな青い香りが本当に素晴らしい!

多くはありませんがフードメニューも色々ございます。お願いしたのはコチラ。

・キーマカレーのホットサンド(耳付き)

個人的には大好きな超カリカリ食感。お酒に寄り添う絶妙な軽スパイシーさは流石です。耳付き、店名をモチーフにしたユーモアが散見されるのも楽しい。

例えば唯一無二の耳型スピーカー「ミミーカー」。

音を聞く耳から、音が流れるという哲学的観念に触れる逸品。

続いてオリジナルカクテルをリクエスト。

・スリーティースプーン

27種類の薬草(ハーブ)が入ったブランデーベースのリキュール ベネディクティン、ブランデー、グレープフルーツの飲みやすいカクテル。少し栄養ドリンクのような風味もあり、力が漲る予感。

最後にティースプーン3杯のブランデーを入れることからの命名。何で3杯かというともちろん「耳」から。当店の正式名称も「3・T opt TRIPLE」ですので、色々嬉しいカクテルです。

最後にウォッカベースをリクエスト。

・バラライカ

ウォッカ、コアントロー、レモンのシンプルなカクテル。 キレの良いアルコール感が体に心地よく響きます。

驚きいっぱい大満足の2時間半、やはり餅は餅屋に、専門店は凄いです。バーにはまる人に気持ちがよくわかりました! カウンターの座り心地の良い椅子に腰掛け、お酒を作るのを見ているだけでも本当に楽しいカクテルランド。 ブラッディメアリーを作るときにはトマトをきちんとすり潰すとこから始めるし、リキュールの調整も科学の実験のように非常にシビア。 色々混ぜることで、こんなに美味しいドリンクが出来るんですから神秘的で、錬金術や魔法のよう。実は魔法使いですと言われても自然に受け入れてしまえる甘美な空間なのでした。

素敵な夜をありがとうございます。またお伺いいたします。ごちそうさまです!

「Bar 耳塚」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


佛蘭西料理 銀座 誠|隠れ家店の水木限定ランチ/the 297th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、297日目です。本日は水木のみランチ営業という隠れ家フレンチレストラン「仏蘭西料理 銀座 誠」さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、交詢社通り沿い、クリスチャンルブタンとルイヴィトンの間の袋小路。

1階に「とんかつ不二」さんが入っているビルの地下1階です。

奥に小さい看板が出ており、水木曜日のみ、11:45〜ランチ営業されています。1階のドアを開けるといきなり判子屋さんがあり、びっくりしますが、右折して狭い階段を下ります。

カウンター5席とテーブル2卓のこじんまりとした店内。

カウンター奥に飾られたオブジェや器など可愛いものが多く、ほっとする空間です。

週によって変わるランチメニューは・本日のおまかせランチ ¥2,000 のみ。まずはコチラから。

・ヤリイカとラタトゥイユ

優しいお味のラタトゥイユ、今が旬なヤリイカはポーションが大きい! 甘くて美味しいです。

・バゲットは、皮も中身もパリパリ系。

・薩摩黒豚肩ロース肉と越後もち豚バラ肉のソテ

こちらも大きい肩ロースは卵が絡んだピカタ風。卵が付いているだけで親しみが湧き、ご馳走感アップです。良い肉質、ベーシックなブラウンソースも美味。 菜の花、ブロッコリー、ニンジン、玉ネギ、ジャガ芋と野菜も沢山入っているのも嬉しいです。

二皿でも大変ボリュームがありお腹がいっぱいになりましたが、せっかくなので・デザート コーヒーセット ¥500 もお願いしました。

・クラシックショコラ、バニラアイス、フランボワーズシャーベット

フランス ヴァローナ社のグランクリュを使用したガトーショコラはかなり固めで重厚感有り。とはいえ嫌味のない上品な甘さです。自家製のアイスも美味しい。

最後は・コーヒーでゆっくりと。

お名前が店名となっている栗原誠シェフはアピシウスで20年、根津で9年お店をやられた後の2015年、銀座で再スタートされたそうです。優しく柔らかい雰囲気が、料理にもよく現れていますね。ランチは敢えてフレンチに寄り過ぎないメニューを提供されているようですね。場所が場所だけに、落ち着いた空気の中、少し贅沢なランチをいただけました。

フェイスブックページに毎週のランチメニューがアップされるので要チェックです。気になる料理が登場したらまたお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


寿月堂 銀座歌舞伎座店|こんとび海苔のサンドイッチから健やかな一日が始まる/the 296th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、296日目です。本日は歌舞伎座裏にそびえ立つ歌舞伎座タワー5階、創業160周年の老舗「丸山海苔店」が経営する日本茶喫茶「寿月堂」さんをご紹介いたします。

お店は朝10時オープン。朝ごはんをいただきにお伺いしております。

竹を多用した隈研吾氏設計の店内は、凛とした清々しさ。

落ち着いた雰囲気のカウンター席。

そしてテーブル席はお隣の日本庭園との一体感も素敵で、ここが銀座の真ん中だとは思えないほど。

今日のように天気が良い日などは本当に気持ちが良いです。物販スペースでは、茶器や海苔、茶、甘味の販売もしております。

抹茶蕎麦、鯛茶、おにぎりなど魅力的なメニューが沢山ありますが、本日は・築地シーフードサンドセット ¥1,450 をお願いしました。

一口サイズの可愛いサンド、はんぺん明太子、タマゴが2つ、マグロとアボカド、シーフードが1つずつ。 高級寿司店でも愛用される・こんとび海苔が使われており、テーブルに置かれた時の野趣味のある強い香りがたまりません。この海苔だけで満足してしまいそうですが、中身も美味。


間違いのない相性を見せるはんぺん明太、サーモンなどが入ったシーフードがお気に入りでした。 普段は脇役の海苔ですが、海苔が主役のサンドイッチ。何にでも優しく寄り添う海苔の力を再認識いたしました!

他・切り干し大根ととろろスープ、ピクルス、芽茶、甘味付き。 温かいスープ、抹茶クリームが入ったダックワーズも美味しいです。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

・濃厚抹茶モンブラン ¥670

こんなに緑のモンブランも珍しい。見た目だけで抹茶の味を感じてしまいます。 もともと重厚感のあるケーキですので、濃厚とはいっても食べやすいお味です。 中のクリームの中には、栗がまるごと1個入っており栗好きには嬉しい限り。思ったより清涼感のある・芽茶とともに美味しくいただきました。

食後は庭園を一回り散歩して、仕事場へ。

健やかな一日の始まりでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


銀座しのはら|唯一無二の劇場型割烹!/the 295th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、295日目です。本日は和食です。昨年10月、滋賀のNo.1和食店「しのはら」さんが銀座に移転オープン!3ヶ月待ちでようやくお伺いできました!

場所は銀座2丁目、文具店「伊東屋」の裏通りのビルの地下1階です。楽しみです。

清らかな空気が流れるように感じる店内は、L字型のカウンター11席のみ。大柄で坊主頭、目がキラキラした方が大将の篠原さん、明るくハキハキした声もよく、初めてのお店は少なからず緊張するものですが、リラックスした雰囲気の中スタート。全く抜けないという滋賀言葉も親しみを感じますね。

念まずは食事の前にお屠蘇のような・香煎茶、昆布と梅の香りが良いです。

・オマールブルー、本ミルガイ、ウニ、キャビア、キャラブキ etc

ひな祭りをイメージした緑/白/桃のひし形器にアワビのお皿。 色々な素材が土佐酢のジュレで結束。プリプリのオマールブルーが美味。

・アワビ、卵のくず豆腐の椀

春藍と桜の花びら型のウドが綺麗です。出汁はもちろん、柔らかく真空調理されたアワビは絶品です。

・ハリイカ(コウイカ)、太刀魚、赤身、中トロのお造り

香りが良いすだち塩、昆布醤油で。 厚く切られたイカの食感にびっくり。包丁使いも素晴らしいです。

・初ガツオのたたき

もちろん藁焼き。新玉ねぎ醤油と葉わさびで。

・アマダイ、白子、トリュフの酢飯和え

和えるのは自分で。食べている途中で篠原さんがさらにトリュフを一振り。

・八寸 本モロコ、白魚と菜の花、蕗のとう天婦羅 金山寺味噌、庄内麩チーズサンド、アサリぬた和え、ホタルイカ、イイダコ足煮、穴子、たまごしんじょう、フナ鮨、可愛い家の屋根を開けると雉とセリお浸し

ただただ圧倒的!桃源郷のような世界が皿の上に出現しました。ひたすら美味しい美味しい言いながら食べるのみです。

・フォアグラ柿最中

箸休めのようなコチラも絶品。地元の方のアイデアから誕生したという最中にまつわるエピソードも素敵でした。

・ひろうす、車海老、ゼンマイ、コゴミ、タケノコの炊き合わせ

春が詰まった一皿。山菜が美味しい季節です。

・スッポン

・ハマグリ、生ワカメの潮汁

カウンター後ろに置いてあった桑名産ハマグリを全て鍋に投入。 よきところで魔法のような色の変化も楽しい生ワカメを。


とにかくスープが美味、絶品の一皿でした!

・タケノコご飯

米よりタケノコのが多いのではないかと思うくらいの山。全員分を1つの鍋で作るのは珍しいですが、確かにその方が出汁も沁みて美味しそうです。お米は近江米。お焦げも美味しい。

・雑炊

先ほどのハマグリ出汁を使った雑炊。いくらでもいけます。実際4杯もいただいてしまいました。。。

最後は・よもぎ饅頭、古都華(イチゴ)と美味しい・お抹茶で。

お酒は2人で以下をいただきました。
・富久長(広島県東広島市 今田酒造本店)純米大吟醸 八反草50
・天狗舞(石川県白山市 車多酒造)山廃純米
・栄光富士 酒未来(山形県鶴岡市 冨士酒造)純米大吟醸 無濾過生原酒
・而今(三重県名張市 木屋正酒造)特別純米 無濾過生

これで1人¥27,500はリーズナブル。と感じさせるから素晴らしい。味、サービス、雰囲気、コスパ全てが最高クラス。 沢山食べたにもかかわらず、食後の爽快感が凄いです。20時半から24時まであっという間の楽しい時間を過ごさせていただきました。

オーディエンス全員を巻き込む劇場型割烹という印象。料理を待つ間も飽きさせません。素晴らしい料理人であると同時に、魅力的なエンターテイナー篠原さん筆頭に、スタッフの皆様のサービス精神、季節感溢れる演出には感服です。いっぱい食べて、いっぱい飲んで、いっぱい笑わせていただき、ありがとうございます。銀座に来ていただいてありがとうございます。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。