銀座 うち山|春を愛でる日本料理/the 417th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」417日目、本日は和食、2002年オープンの有名店「銀座 うち山」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、昭和通り1本東側の通り沿いのビル、地下1階。

あまり目立ちませんが店名の書かれた小さな照明が置かれています。

落ち着いた明るさの店内は一直線11名のカウンターに個室2部屋。ランチのリーズナブルな鯛茶漬け、お弁当が大人気でしたが、残念ながら2019年3月で終了しており、現在は¥5,000からのコース料理のみ。本日は・ランチ会席コース ¥15,000(w/o tax)を事前に予約してお伺いいたしました。まずはこちらから。

焼きゴマ豆腐

名物のゴマ豆腐。うち山出身の方は独立後も必ずと行っていいほどゴマ豆腐を最初に出されています。醤油をかけて。サイズも大きめ、外はカリカリ、中は本当に滑らかでフワフワです。

トマト、金柑

カツオ 黄味醤油

軽く炭焼きで。この時期のカツオはさっぱりしていますが、黄味醤油でコクを追加。

アスパラガス酒盗漬け、ホタルイカ ウルイ ウニ乗せ、生このこ 大根おろし

お酒のアテに最高の3品でした。酒盗に付けた白アスパラの上にグリーンアスパラというのが面白い。

イサキ

こちらも軽く炙って、なんと5kgもある特大サイズだそうで5日熟成、食感も素晴らしく皮部分も美味、噛むほどに旨味が出ます。

アサリ真薯、タケノコ、ワカメの碗

春に美味しい素材3つの組み合わせで間違いのない美味しさ。しっかりとしたお出汁も滋味です。 

平貝の磯辺焼き

フキノトウの天ぷらがアクセントになりますが、ちょっと苦味が勝ち過ぎる印象です。

ハマグリ、タケノコ 、フキ

目の前では鯛茶漬け用の鯛を人数分カットしていきます。

見るからにプリプリで美味しそうです!

・焼きタケノコ

京都の長岡京のタケノコ。とても柔らかでシャキシャキ、ほぼ醤油を塗って焼いただけだと思いますが、クセは一切無く、タケノコ自体の甘みも十分な春の味覚。

野鴨、クレソン

飛騨高山の鴨だそうです。しっかりした噛みごたえとさっぱりとした旨味のとても食べよいお肉です。お出汁が美味しい。

鯛茶漬けセット

お米は羽釜で炊いた新潟県岩船産コシヒカリ、お米だけでも十分美味しいのです。最初は鯛のゴマだれ和えを熱々の白ご飯と一緒に。

良きところで薄く仕上げた煎茶を掛けて鯛茶漬けに。

お茶を掛けることで鯛のニュアンスも変わるのも楽しいです。コクのあるゴマだれが煎茶で中和され非常にさっぱりといただけます。美味しいご飯も沢山炊いていただけるので、鯛が無くなった後も雑魚や漬物で楽しめます。残ったご飯は雑魚握りにしていただけるのも嬉しいです。

葛切り

打ち立てのものを黒蜜でいただきます。葛切りはそんなに食べた経験ありませんが、喉越しが素晴らしく、今までで一番美味しかったです。

最後はお抹茶を点てていただきました。

今日使用した箸とナプキンはお土産にいただけます(もちろん箸は洗っていただけます)。女性の料理人の方も多いこともあり、細やかなサービス、和やかな雰囲気で食事をいただけます。貝、山菜、タケノコと春の美味しさを満喫できたランチタイムでした。ごちそうさまでした!

「銀座 うち山」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

西洋料理 三笠会館 銀座三越店|原点回帰の伝統料理とりどり/the 416th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」416日目、本日は洋食です。銀座三越11階に2019年3月18日オープンした三笠会館の系列店「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」にランチにお伺いしました。

三笠会館といえば銀座5丁目、並木通り沿いにある和洋中料理が各階でいただける総合レストランビル。始まりは1925年に銀座でかき氷屋として創業した老舗洋食店なのです。

三笠会館らしい落ち着いた店内、スタッフの方々もピシッと制服で整えていらっしゃいます。¥2,200からのセットメニューもありますが、本日は伝統メニューを中心に色々お願いしました。

・三笠会館伝統 骨付き鶏の唐揚げ 胡麻塩とマスタード添え ¥1,200

1932年に外食メニューとして初めて「鶏の唐揚げ」を提供したのが三笠会館だとか。手羽先が入っていましたが、骨はそう多くなく食べやすいです。下味もしっかり付いているので、そのままでも良いですが、胡麻塩が壺。

色々な部位が入っているので、肉質の違いを楽しめます。

骨から出汁が出るからかわかりませんが、骨付きって美味しいです。

・南部鉄釜 チキンと半熟卵のドリア ¥1,600

1957年に登場し、西洋釜飯と呼ばれ親しまれていたというドリアは、個人的には西洋親子丼という印象。プツプツした熱々のベシャメルソースにチーズ、鶏肉にキノコ、下はケチャップライス。上に乗った半熟卵をくずしていただくと、ビジュアルと共に美味です。

・三笠会館伝統 焼きカスタードプリン ¥700

色、サイズ、形状共に理想的なカスタードプリンです。お味も想像通りですが、それが素晴らしい。先ほどのドリアの南部鉄器にも施されていた鹿は創業者が奈良出身のためで三笠会館のマークともなっています。

春日大社の神鹿、「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」の一句よりプリンは月の連想。

とても雅なプリンでございました。他インド風チキンカレー、シーザーサラダなどの伝統メニューもいただけます。歴史のあるお店は色々な物語があり良いですね。

こちらは通しで営業されており、カフェ利用なども可能。ちょっとした休憩にも便利です。

銀座の三笠会館系列ではここでしかいただけない・チョコレートパフェなども。

スタンダードに美味しいチョコパフェでした。昭和50年創業のサンミ高松と共に安心できる総合レストランの1つです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

尹家 ユンケ 銀座|韓国料理の新世界/the 415th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」415日目、本日は韓国料理、2014年からミシュランガイド2つ星を獲得している韓国料理店「尹家 ユンケ 銀座」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、昭和通り近く。

1階に高級牛丼店「牛椀紀尾井坂」が入っているビルの1階。エレベーターを2階で降りると、すぐにシックで高級感溢れる店内、半個室と個室のみで他席の様子は全くわからないプライベート空間です。

本日は一番リーズナブルな・ランチコース ¥7,800(サ別10%)を予約してお願いいたしました。まずはこちらから。

・韓国産 黒米の食前粥

お餅も入って見た目はお汁粉。お米の甘さのみでほぼ無味ですが、不思議と美味しい。ウグイスきな粉、玄米、紅花で彩り。胃を保護する優しい一品です。

・海鮮チヂミ

メインの具材はほうれん草とイカ。スナック感覚で玉ねぎのソースもなかなか。一般的な韓国料理店で食べるものより具沢山で厚みもあり、お味も上品。上質感ありますね。

・宮廷チャプチェ

赤、緑、橙、黄、紫と色合いもとても綺麗です。お味はシンプルにゴマ油。もちもち食感の韓国春雨 が美味しいです。

・宮廷プルコギ

タレに漬け込み数日熟成された旨味のある牛肉をエゴマとサンチュに包んでいただきます。定番韓国料理ですが、こちらも一段上の美味しさ。

辛さ控えめのコチュジャンもとても良い。

お口直しは乳酸ピチピチの大根の水キムチでした。

ご飯は辛口ユッケジャンも選べましたが、・若どりのサムゲタンを選択。

崩した鶏肉に栗、ナツメ、生姜などの入った寒い日に嬉しい薬膳粥。味はごく薄めですが、滋味溢れるお味で美味しいです。

ご飯のお供は・豚バラと大根、菜の花、ドラジ(桔梗根)、エホバク(韓国ズッキーニ)、桑の葉、ゼンマイのナムル

初めて食べる食材も沢山。

コースの中で唯一味が強いのが・大根、白菜キムチ

確かに辛いのですが、すっと消えていく綺麗な辛さです。

・韓国伝統デザート4種 ペクソルギ(米粉餅)、百年草の実のソンピョン(松餅)、干し柿のクルミ包み、金柑正果

どれも初めて食べるものでしたが、お隣の国だけあり日本人に馴染みやすいお味でした。

最後はコーヒーのような・桑の葉茶をいただきゆっくりさせていただきました。

韓国料理のコースは初めていただくので少しドキドキしましたが、こちらのコースは定番の韓国料理を一段アップグレード、そして洗練させたもの。旨い!というよりも雑味がなく体に優しいお味。奇を衒ったもの、がつんとくる辛さのものは1つもなく、どれも素直に美味しいと思えるものです。初体験の料理、高級感のある店内、韓国の器、調度品なども含めとても楽しいお店でした。

また、個室に飾られていた絵画も素敵でした。

おそらく玄琴(韓国)、二胡(中国)、三味線(日本)を弾く伝統衣装を着た女性の周りを三国の小人が楽し気に踊っているもの。仲良しって良いですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「尹家 銀座 」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

素敵庵 銀座店|ハンバーグでも、素敵やん/the 414th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」414日目、本日は子供から大人まで皆んな大好きなハンバーグ、「素敵庵 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、外堀通り沿い高速道路高架下の商業施設「銀座インズ1」の地下1階。

1階にコージーコーナーやケンタッキーフライドチキンが入っている今年60周年を迎える老舗商業施設です。

鹿児島県のステーキ店で鹿児島以外で食べられるのは銀座のみ。

広々として活気に溢れる店内、スタッフは男性のみ、鹿児島発の体育会系、お肉が美味しく食べられそうな雰囲気です。

素敵庵という名前の通りステーキがメインですが、本日はランチメニューの中から・素敵庵ハンバーグセット ¥1,180をお願いしました。

カウンター席の向かい側ではステーキやハンバーグを焼いており、炎のパフォーマンスが名物となっています。

タイミングが悪く小さい炎しか撮影できませんでしたが、人の背の高さ以上の炎が次々立ち起こることも。

まずは・サラダ、コンソメスープ

ドレッシングは3種から選択、スープの中にはトマトが入っており美味しいです。

5分ほどで・粗挽き手ごねハンバーグも準備完了。テーブルに置かれる前に「ナプキンの半分をテーブルに掛けて下さい」とのお沙汰が。今までに見たことがないくらいグツグツです!

ナプキンでは防御しきれないほどにソースが飛散しまくり!鉄板マグマが収まるまで2分ほどはナプキンが離せません。食欲の沸く香りに満たされるのはこの上なく素敵ですが、洋服がハンバーグソースの香りになること必至ですので注意が必要です。

シンプルなデミグラスソースにハンバーグも肉々しくて美味しい。

ハンバーグはやや小ぶりですが、その分ほうれん草、人参、ポテトフライ、ブロッコリー、コーンと野菜が充実しており、パンorライスもお代わり無料なのが良いです。

パンは・自家製食パン、コーンブレッド、マーガリン付き

食パンは甘くて、ほの温かいコーンブレッドはフワフワ、どちらもソースを付けながら美味しくいただきました。あと白菜の浅漬けも付きます。

最後は侮れない美味しさの・バナナプリン(コーヒーも選択可)まで付いてこの価格はお得に感じます。

銀座インズ1の地下1階のお店は一度も利用したことがありませんでしたが、好物のカレーやアジフライを提供している店もあり興味深いです(黒豚の店と蕎麦屋は素敵庵と同系列!)。また素敵庵のビーフカレーもいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「素敵庵 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

後日いただいた・鹿児島県黒毛和牛ビーフカレー トマトサラダ付き ¥1,280、お肉の塊がゴロゴロ入った非常に濃厚で男前なカレーでした。