シェ イノ|フレンチの名店でマリアカラス /the 372th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」372日目、本日はフレンチです。少し足をのばして京橋まで、フランス料理の名店「シェ イノ」にお伺いしました。井上旭氏がオーナーシェフをつとめるフランス料理の老舗です。

荘厳なエントランス。場所は東京メトロ京橋駅の近く「明治京橋ビル」の1階です。ドアを開けてすぐがウエイティングバー、奥がダイニング。これぞフレンチという華美な雰囲気、銀座レカン、アピシウスなどと同じ、今は少なくなってきているグランメゾンです。

ランチコースは¥5,840からありますが、せっかくなので一番上の・ランチコース ¥11,880(サ別13%)をお願いしました。まずはこちらから。

・新玉ねぎ コンソメのジュレ

甘くて美味しい新玉ねぎ。香りの良いコンソメジュレも効いています。

・オマール海老のガトー仕立て コート ドール風

見た目も綺麗な料理はこちらのスペシャリテ。キャベツで包まれたのはオマール海老と手長海老、野菜はなんと7種類も使われているそうです。上にはタラバガニのカクテル。4種類のソースが相まみえますが、甘味を引き立てる白いウニと貴腐ワインソースが肝です。

・鴨のフォワグラと胸肉の燻製の取合せ

・スズキ 帆立のムース はまぐりソース

貝類の芳醇な香りが素敵。上にはソラマメとアサリ。しっとりと仕上げられたスズキも美味しいです。

続いて予約時にお願いしていた楽しみのメイン!

・仔羊のパイ包み焼き マリアカラス風 +¥3,240

シェイノを代表する料理がこちら。井上氏がパリのマキシム ド パリでの修行時代、常連であったオペラ歌手のマリアカラスに因んで命名された逸品。羊の中央にフォアグラ、トリュフを入れたパイ包みで、火入れが非常に難しいそうです。パイ包みにより旨味が凝縮された柔らかな羊肉に、濃密で気高い香りのペリグーソースが絶品。

最後は楽しみな・デザートワゴン。

もちろん全部のせ。

パリブレスト、プリン、レモンのパウンドケーキ、フルーツタルト、チョコカシスケーキなど。

デザートワゴンは満足感あります。 最後は美味しい・コーヒーをいただいてゆっくりと。

メインのソースにしても思ったより軽めな仕上がり。時代によって味付けも変化させているそうです。久々のクラシックなフランス料理、堪能いたしました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

フランス料理店「シェ・イノ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


フタバフルーツパーラー銀座本店|パフェとフルーツいっぱい /the 371th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」371日目、本日はフルーツパーラーです。銀座6丁目の商業施設ギンザシックス6階にオープンした「フタバフルーツパーラー銀座本店」にお伺いしました。

70席の開放的な店内。「フタバフルーツ」は中野区で75年以上続く果実店だそうです。

フルーツを使ったパフェ、フレンチトースト、サラダ以外にオムライス、カレー、グラタンなどの洋食メニューも色々ございます。

目玉の1つが多種多様の綺麗なフルーツウォーター +¥200。

セルフではありますが、飲み放題です。パフェ中心に色々お願いしてみました。

・赤肉メロン&チェリーのパフェ ¥1,700(w/o tax)

季節限定のフルーツパフェ。上にはアメリカンチェリー4粒と見るからに甘そうな赤肉メロン、実際にメロンは激しく甘くて果汁たっぷりの幸せ味。メロンって美味しいですね。

上から見るとグルグルで目が回る盛り付けも楽しい。

豆乳ソフトクリーム、パリパリのグラノーラ、カットチェリー、チェリーソース、中盤に入ったほろ苦いコーヒーゼリーが良いアクセントになっています。甘み、酸味、苦味のバランス良い美味しいパフェでした。

・ミックスフルーツサンド ¥1,100(w/o tax)

メロン、イチゴ、バナナ、オレンジ、マンゴーなどが入ったシンプルフルーツサンド。特徴は豆乳を使ったクリームでしょうか。酸味というか塩気が強く驚きましたが、慣れると美味しいです。

・バナナチョコレートモカ ヴァローナチョコレートソース添え ¥1,500(w/o tax)

王道のチョコバナナ。楽しみにチョコレートソースを掛けてみると、トロ〜リではなくボタッと落ちましたが、それでも美味しくないはずはありません。

上はソフトクリーム、バナナいっぱい、丸いチョコクッキー。

中にも多分同じチョコソースが入っているのでかなり濃厚。下にはチョコスポンジとコーヒーゼリー、何故かフレッシュなグレープフルーツが1かけ。お味的には非常にスタンダードで美味しくいただきました。

ラストオーダーが22時と夜遅くまで営業されているので、いつでもパフェがいただける安心感がありますね。合言葉は「ナイスパーラー」。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「フタバフルーツパーラー銀座本店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

・抹茶と栗のパフェ あんみつ仕立て ¥1,500(w/o tax)


銀座 魄瑛、麺屋ひょっとこ|銀座ラーメン百花繚乱 /the 370th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」370日目、本日は皆大好きラーメンです。最近銀座にオープンしたラーメン店2店をご紹介いたします。

松屋通り沿い、1階にシュークリーム店「緑花堂」が入っている白いグルメビル「HOLON GINZA」の2階にできたラーメン店「銀座 魄瑛 はくえい」にお伺いしました。

以前のラーメン店が無くなって1年以上たってやっとオープン(現在プレオープン中)です。 券売機で購入、麺メニューは1種類のみです。昼であれば確実に・トリュフご飯もお願いするのですが、夜なので・特製つけ麺 ¥1,200のみでお願いしました。

真っ赤なカウンターが印象的な店内。

ラーメン店に有るまじきゆったりした椅子の配置で6席のみ。つけ麺は出来上がりに時間がかかるため、この席数が限界なのだそうです。

・特製つけ麺

つけ汁は鶏としじみのダブルスープ。太麺には東銀座のトリュフ専門店「ムッチーニ」の白トリュフオイルで香り付けがしてあります。

上には牛・鴨・豚と3種のチャーシュー、しじみムースとトリュフをトッピングしてゴージャス!

最初の状態ではトリュフの香りはそれほど強く感じませんでしたが、2口目から程よく口の中で香る。ユニークな味変のしじみムースはスープとの調和が見事です。さらに麺にライムを絞ると爽やかさが感じられます。

最後はつけ汁にカツオと昆布の和風出汁スープを加えていただきます。

最後の一滴まで賞味いたしました。 味の色々な変化が楽しいつけ麺でした。上品で後味も良く大変美味しくいただけました。秋頃にはラーメンも登場予定とのことでしたので、そちらも楽しみます。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いては「麺屋ひょっとこ 銀座店」、ラーメン好きの方は「あっ」と思われるはず。有楽町「交通会館」地下1階の行列ができるラーメン店「麺屋ひょっとこ」の銀座店がオープンいたしました。

場所は銀座6丁目、泰明小学校近く、ユニークなお店が並ぶ泰明通り沿い。

老舗そば店「泰明庵」のお隣です。

銀座昭和イーティングビルの1階、店内が外から見えるのですが、コンクリート打ちっ放しでスーパーモダン。

「ひょっとこ」という言葉の既成概念を打ち破ります。キッチンとの距離がもの凄く近くてライブ感が楽しいです!

まずは券売機でチケット購入、本日は・和風柚子焼豚麺 ¥930をお願いしました。

カウンターに置かれた瞬間の柚子の香りが爽やか。和風出汁と仕上げた透明感のあるスープは極あっさり、上品でクセがなく美味しいです。 中細麺はやや硬めの食感で、分厚いチャーシューも3枚乗っており食べ応えも十分!

それ自体のインパクトはないものの、フッと思い出して食べたくなる包容力と懐かしさを感じる和風なお味の味噌汁的ラーメンです。行列ができるのも納得です。 「スタイリッシュなひょっとこ」を想像するだけでも可笑しみが。店名がとても良い。

銀座6丁目のこの界隈は「はしご」「朧月」「風見」「松富」などラーメンの名店が集まり百花繚乱です!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「麺屋ひょっとこ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 奥田|日本の美味しい恵に心より乾杯!/the 369th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」369日目、本日は和食です。和食の名店「銀座 小十(ミシュラン二つ星)」のオーナー奥田氏の名前を冠した和食店「銀座 奥田(ミシュラン一つ星)」にランチ訪問いたしました。

場所は銀座5丁目、並木通り沿い、カリオカビルの地下1階です。

お店は地下1階、しっとりと静謐な雰囲気の店内、また扉を開けると一直線のカウンター席。

ランチは¥13,000、16,000の2コース、本日は・昼餐 メニュー奥田 ¥16,000(サ別12%, w/o tax)をお願いしました。サービスの方が積極的に声をかけてくれることもあり、和やかな気分でスタートです。雰囲気大事です。

・ムラサキウニ、とうもろこし

夏はウニが美味しい季節。下には焼いた赤茄子、甘みと苦みのグッドバランス。美味。

・ワタリガニ、ダツ、トマトのジュレ

トマトが爽やか。暑い時期に嬉しい冷たい前菜2品でした。

・ハモとジュンサイの煮麺

今年初めてのハモ。落ち着く出汁。滋味趣深い。

・ホシガレイ、アオリイカ、カツオのたたき、アジ棒鮨

お造り4連発。まずはこちらも今年初めてのホシガレイは幽玄な旨味、スダチと塩で甘み爆。ねっとりアオリイカは塩とクチコで。決して良い香りでもないクチコの磯香が酒飲みには良い感じ。初めていただくアジの棒鮨も美味しい。

・長野県天竜川 若鮎の炭焼き

50分かけてじりじり焼き仕上げる「銀座 奥田」初夏のスペシャリテ。15cmほどで揃えられた鮎は、骨まで美味しくいただけるベストサイズなんだとか。鮎の声が聞こえてきそうな恍惚の鮎。苦みもばっちり、頭からバリバリいただきました。 面白かったのはペアリングでエビス黒ビールが付いていること。鮎をめでたい、確かに美味しい!

・アワビの天ぷら

プリプリのアワビも夏が美味しいです。

・北海道産和牛ロース、賀茂茄子

「こぶ黒」という昆布を餌に育った牛だそうです。火入れ加減も素敵。

・琵琶湖天然ウナギ丼

天然の大ウナギならではの野趣味たっぷりの強い歯ごたえで甘みが染み出します。絶品。お味噌汁も具沢山です。

・ココナッツアイス、天使音(あまね)メロン

最後は・抹茶、和三盆の干菓子をいただいてゆっくりお話しもさせていただきました。好物連発、体が元気になる素敵な内容でした。荻野大将はまだ30歳過ぎたばかりとお若いですが、確かな料理の技術、感性、お人柄共に素晴らしいですね。今後が楽しみです。サービスも非常に手厚く丁寧ながらもフレンドリーで、納得の12%でございました。 素敵なランチタイムをありがとうございます。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。