閉店)銀座キャンドル|一番美味しいと言われるチキンバスケット/the 106th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、106日目です。今年1食目は何故今まで行かなかったのかという老舗洋食屋”銀座キャンドル”さんにお伺いいたしました。1950年(昭和25年)開業、三島由紀夫氏や川端康成氏はじめ多くの著名人にも愛されているお店です。

場所は銀座7丁目、有賀写真館ビルの地下1階です。
看板も控えめなので、お隣の洋菓子店ウエストさんを目印にした方がわかりやすいかもしれません。

ランチの時間(11:30-15:00)は終了しておりましたので、コチラをオーダーいたしました。

“元祖!世の中で一番美味しいと言われる「チキンバスケット」” ¥1,510

開業時からの看板料理です。フライドチキン2ピース、ポテトコロッケ、ポテトフライ、バタートーストでボリューム満点。大山鶏を使用した骨付きフライドチキンは柔らかジューシー。パン粉使用でサクサクとした歯触りも楽しめます。軽めのお味ですので、机上のマスタード、胡椒を付けていただくのも美味。老舗の貫禄を感じる一品です。

続いてコチラ。アルミ箔に包まれているのは・・・

“特製和牛のハンバーグ(200g)” ¥2,310

ナイフとフォークで開封すると中から暖かい湯気が立ち上ります。お味も上質な正統派ハンバーグ。お肉の旨味がギュッと封じ込められております。アルミ箔とステーキ皿効果でずっと暖かいのも嬉しいですね。美味しいです。付け合わせはパプリカ、エリンギ、ブロッコリー。

先ほどのチキンバスケットのトースト、ポテトフライにデミグラスソースを付けて食べると、またまた美味しいのです。今年も良い年になりそうです。ごちそうさまでした。

店内は温かみのある、落ち着いた空間。椅子に掛けてあるブランケットが優しいですね。著名人のサインがたくさん貼られております。

全席喫煙可能ですので、タバコを吸われない方はお気を付け下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
can6

喫茶 YOU|オムライスが震える/the 92th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、92日目です。本日はオムライスです。”コーヒ&オムライスのお店 喫茶YOU”さんにお伺いしました。

場所は東銀座、歌舞伎座の裏、高野ビル1階です。
レンガ作りのビル
こちらのビルだけ、レンガ風なので解りやすいです。ちなみに3階は以前お伺いした”シチュー専門店 銀之塔”さん別館です。その時の記事はコチラをご覧下さい。

こちらはやはりオムライスが有名といいうことで、オムライスのランチセット¥1,100をオーダーしました。

オムライス(チーズトッピング+¥100)
ケチャップがのったフワフワのオムライス
写真で見ても伝わる豊満でプルプルな感じ。ずっと震えております。美味しそうです。

ホイップクリームの絶妙な配分でこうなるということ。綺麗です。
オムライスのアップ
ケチャップライスはタマネギとベーコンのシンプル系。卵が主役のオムライスには最適です。

中はフワフワ。口の中でとろけます。そして広がる甘みとチーズで加わる奥深さ。
オムライスの卵部分、開くと中はトロトロ
美味しいです!ファンが多いのも納得。一思いに完食いたしました。ごちそうさまです。

コーヒーは無糖の生付きで、ウィンナー風。
コーヒーと生クリーム
いつもはブラックなのですが、珍しいので投入しました。このクリームが先ほどのオムライスにも使用していると思うと感慨深いです。クリームが溶けてゆく味の変化を楽して、なかなかに美味しいものでした。

オムライス好きには是非お勧めです。一度は行ってみて下さい。混雑していたため写真はございませんが、店内もレトロで良い雰囲気です。ちなみに、店内全席喫煙可能。お気をつけ下さい。“喫茶YOU”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。
喫茶ユーの外看板

みかわや|銀座の真ん中の洋食店/the 67th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、67日目です。

本日は洋食です。

銀座4丁目で60年以上の歴史を持つ”みかわや”さんにお伺いしました。

銀座三越新館の1階が入口です。

まずは、こちら。

“コーンポタージュ” ¥1,500

シンプルなスープ。

喉越しも良く美味しいです。

続いて、ソースとタルタルソースが運ばれます。

こちらの料理のためです。

“天然活け車海老のフライ” ¥5,200

大振りの車海老を丸ごとフライした贅沢な見た目。

帆立フライとサラダ付きです。

歯ごたえのよいサクサクした衣に、締まった身の海老。

海老を引き立てる、あっさりとしたタルタルソースも交換がもてます。

頭の中まで食べられます。

“糠漬け”

お口直しに美味しいです。

“コーヒー” ¥800

嬉しいお代わり自由。

美味しい洋食、ごちそうさまでした。

1階、レトロでゴージャス感溢れる歴史を感じる内装です。

2階もあります。

“みかわや”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

新世界グリル 梵さん-これが噂のヘレカツサンド/the 57th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、57日目です。

本日はサンドイッチ。“新世界グリル 梵-ぼん”さん“新世界グリル 梵-ぼん”さんにお伺いしました。

大阪 堂島が本店みたいです。

カフェっぽい感じの外観。

ランチメニューは1,000円の”ハーフ”と2,000円の”一人前”のみです。

“サラダ”

シャキシャキ感のあるシンプルサラダ。

そして、名物。

“極上ビーフヘレカツサンド”

焼きたてサクサクの食パンに分厚いジューシーなヘレカツ。

美味しくないはずがありません!

牛肉なので、軽く揚げているだけ。あっさりとしていて食べよい。

ちなみに、関西ではフィレ肉をヘレ肉と呼ぶので、結果ヘレカツです。

食パンに塗られる鶏ガラベースのソースは、玉ねぎ、にんじん、リンゴ、生姜などの野菜と果物を

使用し、さらにトマトソース、ウスターソースなどを加え1週間煮込んでいるそう。

サイドイッチにして、相当の深みとコクがあります。

こちらが1人前 ¥2,000。けっこうなボリュームです。

30越えの男性、女性はハーフサイズで十分かもしれませんね。

確かに極上なサンドイッチでした。ごちそうさまでした。

コーヒー付きが嬉しいです。

テイクアウトも行っています。

売り切れ次第終了なので、お気をつけ下さい。

詳しくは”新世界グリル 梵”さんのウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。