カーヴ・デ・ヴィーニュさん-限定4食、ほろほろ鳥ランチ/the 193th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、193日目。本日はフレンチ、“カーヴ・デ・ヴィーニュ-Cave des Vignes”さんにお伺いしました。

銀座6丁目、外堀通り沿いの名フレンチ、”ル・マノアール・ダスティン”さんの姉妹店と聞いて期待が膨らみます!

場所は銀座4丁目、昭和通りの1本東側の歌舞伎座に面した通り沿い”成和銀座ビル”の地下1階。
cave9
1階は喫茶店”茜屋珈琲店”さんが入っている建物でございます。

階段を降りてすぐのドアが押しても引いても、横に引いてもビクともせず、軽い渋滞を引き起こしてしまい焦りました。ハンドルの上をカチッと親指で押して、さらに押すタイプなのですね。。。

店に入ってすぐ右側にカウンター、左側がテーブル席。落ち着いた雰囲気と、カジュアルな雰囲気が上手く混じり合っております。女性のお客様が多く、12時過ぎにはほぼ満席に。賑わっております。

ランチは6種類。全てワンプレートで、価格は¥1,080 です。

本日はコチラをオーダーしました。

“ほろほろ鶏もも肉のロースト”
cave3
こちら何と限定4食!開店15分後には完売しておりました。

ちなみにこちらがほろほろ鳥。「ホロホロ〜」と鳴きま、
faraona20some20rights20reserved
せん。原産はアフリカのギニア地方のキジ科の鳥。オーストラリアのアボリジニ画家、エミリー・ウングワレーの作品を思い起こさせる見事な斑点でございますね。

大振りの骨つき肉が2つ。食べなくても美味しい感じです。
cave4
ほろほろ鶏は滑らかな肉質、とても柔らかく、さっぱりとした上品なお味。美味しいお肉を引き立てる、控えめに掛けられたソースがまたよいのです。最後は手で持って、骨の周りの美味しいお肉もいただきました。フィンガーボールも置いていっていただけますので安心です。大当たりのほろほろ鶏でした!

付け合せはサラダと、ジャガイモ、タマネギ、ベーコンを炒めたジャーマンポテト風。こちらも美味でございました。

“バゲット”はカリッとしたもの2種類の提供。
cave5

続いてデザートもオーダー。

“チョコレートとカスタードのムース” ¥340
cave6
綺麗でリッチな5層構造。上部はしっかりとしたチョコレート、中はしっとりカスタードとチョコムースのサンドイッチ、下部はシロップを含ませたチョコスポンジでございます。しつこくない甘さで、こちらも美味。

最後は美味しい”コーヒー” ¥210 で。
cave7
食べ応えも十分で、大満足な贅沢ランチでございました。ごちそうさまでした。

ワインバーでもあるため、ワインの種類も豊富。ランチワインを飲んでいる方も多く、まったりとした雰囲気でした。東銀座ドリア、エビとカニのクリームコロッケなど気になるメニューもございましたので、またお伺いいたします。

すぐに品切れになってしまうメニューもあるため、開店と同時を攻めるのがお勧めです。

“カーヴ・デ・ヴィーニュ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
cave8


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です