ティム・ホー・ワン|世界一安いミシュランレストラン!?/the 362th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」362日目、本日は4月8日にオープンした話題の香港点心専門店「ティム・ホー・ワン 添好運」にお伺いしました。

場所は新ランドマーク「ミッドタウン日比谷」の向かい側「日比谷シャンテ 別館」の1階。キャッチコピーが「世界一安いミシュランレストラン」ということもあり、連日行列が凄いです!

2時間、3時間待ちも当たり前。お店は11時オープン、私は10時30分から並び、入店できたのは12時過ぎでした。

店内は84席と席数多め、ぎゅっとテーブルが詰められて並べられておりカジュアルで賑やかな雰囲気です。料理はテーブルに置かれたメニュー紙にチェックしてオーダーするすしざんまい方式。色々お願いしてみました。

・7種野菜の蒸し餃子 ¥480

透け感がユニークですが、お味はさっぱりオーソドックス。

・鶏足の香港式煮込 アワビソース ¥580

鶏足そのまんまのインパクトのある見た目!あまりに鶏足なので、少し驚きました。 ゼラチン質たっぷりで滑らか、美肌効果が期待できそうです!こっくりとしたソースとピーナッツも美味しいです。

・チャーシューの腸粉 ¥680

ツルツルモチモチ食感のチョンファンにさっぱりとしたチャーシュー、さらっと食べられあっという間に完食です。

1品はだいたい500円〜700円ほどですが、TAX8%, 席料(お茶代込み)10%がプラスされます。3〜4名で少しずつ色々食べるというのが正解ではないでしょうか。ごちそうさまでした!

そしてティム・ホー・ワンの名物の1つが「ベイクドチャーシューパオ」という点心なのですが、こちらのみテイクアウトが可能です。後日お伺いしてみました。お店の行列は相変わらずですが、早い時間のためか、なんとテイクアウトコーナーは全くのフリー!

・ベイクドチャーシューパオ ¥600(w/o tax)を1セット購入いたしました。

1日300セット限定のため、大体15時頃には完売してしまうそうです。

早速、日比谷シャンテのベンチに腰掛け温かいうちにいただきます。1個4口ほどで完食できるサイズ感のメロンパン様の点心3個入り。

外側はサクサクでほんのり甘い。


中はトロッとしたチャーシュー餡が入っています。抜群のサクサクと中の餡のコントラストが良い感じ。甘みが強いのでデザート代わりにも最適。味はメロンパンと似ていなくて安心いたしました。

パッケージには2時間以内にお召し上がり下さいと記載がありますが、話題のお店なだけにギフトでも喜ばれそうです。ごちそうさまでした!

「ティム・ホー・ワン 添好運」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です