アンシュマン|フランス料理の良心と醍醐味/the 537th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」538日目、本日はフレンチ「アンシュマン」にお伺いしました。4年前にも当ブログでご紹介したお店ですが、にお伺いしました2021年3月1日に移転され、店名も少しだけ変わりました。

※その時の記事はこちら

場所は銀座5丁目、ソニー通り沿い「西五ビル」の7階。

1階はフランス料理の老舗「エスコフィエ」、面白いお店が色々入居している楽しい雑居ビルです。

店内は以前の6席より席数が少しだけ増えたといっても、カウンター8席のみ。
アンシュマン
広いカウンター、座り心地の良いアームチェアーが設置され、食事を楽しむのに最適な空間です。ランチコースは¥3,850、¥6,500の2種類、本日は・7品の季節のランチコース ¥6,500(w/o tax)をお願いしました。

・ノルウェーサーモン、クリームチーズ、ウニのグジェール
ノルウェーサーモン、クリームチーズ、ウニのグジェール
チーズ香る甘くないシュークリーム。中にサーモン、クリームもたっぷり入って小さいですが、食べ応えあります。ディル、エシャロットの香りが効いています。

・トリュフのシフォンケーキ
トリュフのシフォンケーキ
アンシュマン大岸シェフのスペシャリテ、最初はトリュフの香りを味わい、後半はマッシュルームのデュクセルで味変。前回もいただきましたが美味。軽やかな味わいですのでホールで食べられそう。

・ファアグラ、ドライ黒イチジク、バルサミコ酢のマルブレ仕立て、イチゴサラダ
ファアグラ、ドライ黒イチジク、バルサミコ酢のマルブレ仕立て、イチゴサラダ
フォアグラはそれほど好きな素材ではないのですが、これは良い。フォアグラ、イチジク、バルサミコ酢を使ってテリーヌ状に仕上げています。コクはありますが、苦手なこってり感がほとんど無く、爽やかと言ってもよいほど。

・芦ノ湖産マスのミキュイ、チーズリゾット、菜花
芦ノ湖産マスのミキュイ、チーズリゾット、菜花
半生の火入れで風味豊かに仕上げたマスに焦がしバターとレモンのソース、クルミとアーモンドのロースト、下にチーズリゾット。シェフからは「鮭茶漬けのように食べてみて下さい」とユーモアのある一言。1品1品のボリュームはそれほど大くないものの、香りや素材の調和で、満足感が高まります。上に乗せたパリッパリの皮が素晴らしいアクセント。

・ブリ、マッシュルームとポルチーニのソース、パセリのピュレ
ブリ、マッシュルームとポルチーニのソース、パセリのピュレ
旬を過ぎて脂ノリは控えめですが、ブリ照りなど日本人に親しみのあるブリは存在感もあって美味しい魚です。

・ウサギのパイ包み、グリーンピースのピュレ、ホワイトアスパラガス
ウサギのパイ包み、グリーンピースのピュレ、ホワイトアスパラガス
春が旬のウサギ、日本で飼育されたウサギですので、クセは全くありません。ホワイトアスパラ、グリーンピースを添え春らしく仕上げられています。

パイの中はウサギ、新玉ねぎ、フォアグラ。
ウサギのパイ包み、グリーンピースのピュレ、ホワイトアスパラガス
パイ包みはもちろんですが、ソース(ガストリック ヴァン ルージュ)が絶品。フレンチでソースが美味しいと嬉しくなります。

・チョコムース、マスカルポーネのババロア、キャラメルアイス
チョコムース、マスカルポーネのババロア、キャラメルアイス
一緒に食べるとティラミスのようなお味に。それぞれの素材が共鳴し合っており、美味しいデザートでした。

最後は美味しいコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
コーヒー
クラシックなフレンチがお好きというだけあり、素材の組み合わせ、ソースの美味しさなど、銀座らしからぬリーズナブルな価格でフレンチの醍醐味を感じられる素敵なレストランです。

大岸シェフは関西弁のちょっと強面ですが、気さくで楽しい方、1人でもリラックス気分で食事を楽しめます。大岸シェフ1人で切り盛りされている場合もあるので、時間には少し余裕を持っていくのが良いかもしれません。ちなみにコースは月変わりだそうです。また季節を変えてお伺いいたします。ごちそうさまでした。

「アンシュマン」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ラルジャン|マッシュルームが主役のモダンフレンチ/the 530th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」530日目、本日は2020年12月にオープンした話題のモダンフレンチレストラン「ラルジャン L’ARGENT」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、銀座4丁目交差点「銀座プレイス」の9階です。
銀座プレイスの9階
ミシュランガイド掲載のフレンチ「スブリム」の料理長を勤めていた加藤順一シェフのお店です。

見晴らしが良いのに外が見えないのは残念ですが、料理に集中できるシックな雰囲気。天井も広く十分に開放的な店内です。
ラルジャン
本日は・ランチコース ¥7,000(サ別10%, w/o tax)をいただきました。

・鳥取 甘エビ
鳥取 甘エビ
加藤シェフがデンマークで修行されていたこともあり、北欧的=モダンフレンチな料理が続きます。パセリのジュレの中に日本酒で洗った甘エビが入っています。ジュレが割れると飛び出る甘エビの強い旨味を感じられます。美味。

・京都 七谷鶏
京都 七谷鶏
七谷鶏レバーのパテ、キノコのサブレ、カシスの粉。お洒落なアミューズが続きます。

・北海道 十勝ハーブ牛
北海道 十勝ハーブ牛
牛のタルタル、サクサクのメープルシロップのチュイル。食感のコントラストも楽しいです。

・富山 氷見寒ブリ
富山 氷見寒ブリ
酸味と食感の強い青リンゴ「グラニースミス」の下に寒ブリ、ワサビパウダー。ディルとホタテのソース。素材の合わせ方が新鮮です。

・自家製パン(サワードウ ブレッド)
サワードウ ブレッド
自然発酵させた酵母を使用する伝統製法で作られたライ麦パンをアップデートしたもの。表面のもち麦が見た目にも可愛いです。風味豊か、酸味は少なめで仕上げられており美味。

・静岡県富士宮 発酵マッシュルーム
静岡県富士宮 発酵マッシュルーム
加藤シェフのスペシャリテ。フレッシュなマッシュルーム、3週間発酵させたマッシュルームのスープ、マッシュルームのソテー、下にポーチッドエッグ。発酵と聞くとクセがありそうですが、それは全く無くマッシュルームの旨味のみの綺麗なお味。とても面白い料理です。

・京都 京鴨
京都 京鴨
メインは京鴨の上にカシスのシート、ビーツ、マデラ酒のソースを合わせたフレンチらしい一皿。さっぱりとした鴨に、これまた爽やかなカシスを合わせ、ソースも軽め。クラシックフレンチが苦手な方でも美味しくいただけそうです。美味。

・大阪 ラムレーズン
大阪 ラムレーズン
下にバナナのピューレ、バニラとホワイトチョコのパウダー、上の黒いのはセルフィーユ。こちらはラムが濃厚で、見た目と違いベーシックなお味。

・小菓子
小菓子
手前がデンマークの伝統菓子エイブルスキーバー、お茶のフィナンシェ、イチゴのタルト、ホワイトチョコとシーベリーのソース、柚子チョコ。バリエーション豊かで、アミューズと同じく見た目も可愛いデザート。最後はコーヒーをいただきゆっくりさせていてだきました。

お味は軽く、量感は少なめですが、見た目も綺麗で、素材の組み合わせも独特なコース料理でした。また銀座に1つユニークなレストランが出来たことは何よりです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ラルジャン」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

薪焼 銀座おのでら|炎に安らぐ薪焼フレンチ/the 529th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」529日目、本日は2019年7月にオープンした「薪焼 銀座おのでら」にお伺いしました。2021年ミシュランガイドで1つ星を獲得しているフレンチレストランです。

場所は銀座5丁目、歌舞伎座近く、昭和通りの1本東側の通り沿い「サンリット銀座Ⅲ」の9階、1階は日本料理の名店「井雪」です。
サンリット銀座Ⅲの9階
日本でも流行りの薪焼きはスペイン バスク地方のレストランから火が付いたもの。寺田シェフはフランスのバスク料理店、日本ではフレンチ、和食の有名店で働かれた経験がおありだそうです。

照明暗めの落ち着いた店内はカウンター8席に個室1部屋、通常は夜だけの営業ですが、本日は期間限定の・ランチコース ¥15,000(w/o tax)をいただきました。

まずはこちらから。
海苔のワッフル
出来立てワッフルです。アミューズにぴったりの面白い演出。

・海苔のワッフル、オシェトラキャビア
海苔のワッフル、オシェトラキャビア
贅沢にも中心部のみ使用。上にはキャビアとエシャロットの薬味。小さいですが、力強いお味です。

・自家製パン
自家製パン
自家製酵母で作ったナッツなどが入ったパン、サワークリームを使った滑らかなバターも自家製です。少しクセはありますが、マイルドな味わい。

続いての食材は、千葉県八街市にある「ルコラステーション」の畝田さんから届く全国の新鮮野菜。
畝田さんのお野菜
生き生きとした張りが有り、見るからに美味しそう。

・畝田さんのお野菜を色々な調理法で
畝田さんのお野菜を色々な調理法で
20種類ほどの野菜は個別に調理、イタリアの冬野菜ラディッキオ・タルティーボなど珍しい野菜も。甘かったり、苦かったり、辛かったり素材の味をしっかり感じられます。好物の百合根がとても美味しい。

・ロワール産ホワイトアスパラ、黒トリュフ
ロワール産ホワイトアスパラ、黒トリュフ
下にはマッシュルームのデュクセルソース、小ぶりですが新物のフランス産ホワイトアスパラ。ソースは卵黄とクリームを燻したもの。ささやかですが、春の味。

カウンター席からは調理の全てが見える完全なオープンキッチン。一番奥では薪の炎が燃え続けますが、ここからは大活躍。薪焼き
姿を変え続ける火を見ているだけでも心が落ち着きます。

・金目鯛、ハニーキャベツ金目鯛、ハニーキャベツ
ハニーキャベツと魚の出汁のソース、セミドライトマト、パセリのアクセント。薪による香りが特徴的です。

・熊本県産あか牛「阿蘇王」のサーロイン、牛タンの赤ワイン煮込み
熊本県産あか牛「阿蘇王」のサーロイン、牛タンの赤ワイン煮込み
やっぱりお肉は絶品です。薪で焼くと肉汁がほとんど出ないそうでが、噛むほどに旨味が。食欲をそそる香りも良いです。日本のワサビ栽培発祥の地という静岡市葵区有東木産のワサビも美味しい。

・ホタテとセリの土鍋ご飯
ホタテとセリの土鍋ご飯
フレンチベースですが、和食の経験もお有りということで最後はご飯なのが嬉しいです。

・土鍋ご飯、赤だし、香の物
土鍋ご飯、赤だし、香の物
香の物は、ヤマトイモとナガイモを掛け合わせたネバリスターという変わった名前の芋。炊いていただいた1合、全ていただきました。

・イチゴの焼きマシュマロ
イチゴの焼きマシュマロ
薪で焼いたマシュマロは、ワクワクする一品。

・薪焼チーズケーキ
薪焼チーズケーキ
バスク風チーズケーキも外側しっとり、中トロトロで美味。

・焙じ狭山茶、キャラメルナッツ
焙じ狭山茶、キャラメルナッツ
最後は寺田シェフの出身地、狭山の煎茶を薪で焙じた出来立て焙じ茶。こちらも香りが素晴らしい、小菓子にもお茶のパウダーが振りかけられているので相性も抜群。

寺田シェフはとても柔らかい雰囲気で、料理の説明もとても丁寧。お話しやすい環境で、リラックスして食事をいただけました。始めてお伺いした薪焼レストランでしたので、とても新鮮な体験ができました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「薪焼 銀座おのでら」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ランファン クー エ クー|華麗なフレンチレストラン/the 516th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」517日目、本日は2013年オープンのフレンチレストラン「ランファン クー エ クー」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数奇屋通り沿い、「高谷銀座ビル」の6階、カウンターはなく、テーブル席のみ、フランス料理店らしいクラシックでエレガントな内装です。
ランファン クー エ クー
語呂が良い「ランファン クー エ クー」という店名は直訳すると「子供 心と心」で、色々な思いが込められています。

料理はおまかせコースのみ、ランチは¥5,000からありますが、本日は・おまかせランチコース ¥8,000(サ別, w/o tax)をお願いしました。

・トマトとアンチョビのキッシュ
トマトとアンチョビのキッシュ
上の白い花びらは牛乳の風味豊かなチーズ「テット ド モワンヌ」、ほの温かい生地も軽やかで美味。期待の高まるアミューズです。

・魚介と果物のサラダ仕立て 燻製の香り
魚介と果物のサラダ仕立て 燻製の香り
ホタテ、タコ、焼いたウニ、柿、巨峰、イチジク、ビーツ、アクセントにチーズ。様々な素材が入っていますが、香りによるものか、しっかり統一感も感じられます。

・自家製パン

ナッツ入りのふわふわで美味しいパンは、ソースを味わう様に大活躍。フレンチですが、重たいバターではなくオリーブオイルの提供も個人的には嬉しいです。

・とりたま
とりたま
梶山シェフのスペシャリテ。鶏肉と卵の親子丼ではなく、トリュフと卵の「とりたま」です。中のフランの中には卵黄、濃厚なトリュフソースとの組み合わせは間違い無い美味しさ。名前と見た目は可愛いですが、クラシックフレンチの力強さを感じる一品。

・真鯛のポワレ真鯛のポワレ
上に鹿肉のソーセージとトキイロヒラタケ、車海老のソース。厚みもある鯛は皮目はパリパリ、身はしっとりとした火入れ。野趣味のある鹿肉ソーセージは単一で美味。オレンジ色の綺麗なキノコを使うなど、真鯛とソースとの彩もよく考えられています。

・桑の葉茶のグラニテ
桑の葉茶のグラニテ
薬草っぽいお味は、もしかしたら苦手な方もいるかましれませんが、クセのある味わいは望むところ。パチパチキャンディー入りでびっくりしました。

・エゾ鹿フィレ肉のロースト
エゾ鹿フィレ肉のロースト
付け合わせはフォアグラ、梨。柔らかく味の濃い、とても美味しい鹿肉にはシンプルな赤ワインソースが良く合います。フォアグラとお肉は一緒に食べると至福のお味。

・モンブラン、エスプレッソアイス
モンブラン、エスプレッソアイス
こちらも好物、中のベリーのアクセントも酸味が強くなく好み。苦味のあるアイスもとても美味しい。

・小菓子、コーヒー
小菓子、コーヒー
小菓子も味噌が使われるなど、日本的な食材の使い方も面白いです。

内装や「愛を語りたくなるレストラン」というキャッチコピーから、料理も軽い味を想像していましたが、良い意味で予想を裏切る内容。盛り付けは華やかですが、お味は骨太なものもあり、量的にもとても満足です。クラシックなフレンチ好きな方にもお勧めできるレストランです。ごちそうさまでした!

「ランファン クー エ クー」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
ランファン クー エ クー