シェ イノ|フレンチの名店でマリアカラス /the 372th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」372日目、本日はフレンチです。少し足をのばして京橋まで、フランス料理の名店「シェ イノ」にお伺いしました。井上旭氏がオーナーシェフをつとめるフランス料理の老舗です。

荘厳なエントランス。場所は東京メトロ京橋駅の近く「明治京橋ビル」の1階です。ドアを開けてすぐがウエイティングバー、奥がダイニング。これぞフレンチという華美な雰囲気、銀座レカン、アピシウスなどと同じ、今は少なくなってきているグランメゾンです。

ランチコースは¥5,840からありますが、せっかくなので一番上の・ランチコース ¥11,880(サ別13%)をお願いしました。まずはこちらから。

・新玉ねぎ コンソメのジュレ

甘くて美味しい新玉ねぎ。香りの良いコンソメジュレも効いています。

・オマール海老のガトー仕立て コート ドール風

見た目も綺麗な料理はこちらのスペシャリテ。キャベツで包まれたのはオマール海老と手長海老、野菜はなんと7種類も使われているそうです。上にはタラバガニのカクテル。4種類のソースが相まみえますが、甘味を引き立てる白いウニと貴腐ワインソースが肝です。

・鴨のフォワグラと胸肉の燻製の取合せ

・スズキ 帆立のムース はまぐりソース

貝類の芳醇な香りが素敵。上にはソラマメとアサリ。しっとりと仕上げられたスズキも美味しいです。

続いて予約時にお願いしていた楽しみのメイン!

・仔羊のパイ包み焼き マリアカラス風 +¥3,240

シェイノを代表する料理がこちら。井上氏がパリのマキシム ド パリでの修行時代、常連であったオペラ歌手のマリアカラスに因んで命名された逸品。羊の中央にフォアグラ、トリュフを入れたパイ包みで、火入れが非常に難しいそうです。パイ包みにより旨味が凝縮された柔らかな羊肉に、濃密で気高い香りのペリグーソースが絶品。

最後は楽しみな・デザートワゴン。

もちろん全部のせ。

パリブレスト、プリン、レモンのパウンドケーキ、フルーツタルト、チョコカシスケーキなど。

デザートワゴンは満足感あります。 最後は美味しい・コーヒーをいただいてゆっくりと。

メインのソースにしても思ったより軽めな仕上がり。時代によって味付けも変化させているそうです。久々のクラシックなフランス料理、堪能いたしました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

フランス料理店「シェ・イノ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


スモールワンダーランド|東銀座のワンダーランド!/the 364th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」364日目、本日はフレンチです。銀座4丁目、歌舞伎座近くの小道にあるビストロ「スモールワンダーランド」にお伺いしました。

銀座のフレンチレストランのシェフやサービスの方に「良いお店ありますか?」と質問すると、何度か名前が上がったことがあり、気になっていたお店です。

外から中が見えるカウンターのお店は入りにくく感じるのですが、だいたい一度入ってみれば全然大丈夫なことが多いです。カウンターは綺麗で上品ですが、雰囲気はカジュアル。

1階はカウンター、2階がテーブル席となっています。料理はコースはなくアラカルトのみ。まずはこちらから。

・野菜とキノコの和え物

素朴な料理ですが、安心感の湧くお味。気持ちがリラックスいたしますね。

・パテ ド カンパーニュ ¥1,000

大定番の料理ですが、豚肉の旨味たっぷり、クセもなく非常に上品な仕上がりです。お酒が進みます。

・自家製パン

パンは2種類、どちらもかなりハイレベル、もちもちで美味しい。

・ホタルイカとタケノコのパスタ ¥2,000

それだけで十分に滋味な旬の食材を使ったパスタはシンプルに。出汁が染み出たスープが優しいです。

そしてスモールワンダーランドのスペシャリテともいえる一品がこちら!

・鹿肉の炭焼きバーガー ¥2,000

ハンバーガー好きにはたまらない!特濃ソースに鹿も大好物の木苺がアクセント、パティは肉厚、ハンバーガーはこれくらいの食べ応えがないといけません。

木苺、黒胡椒を練りこんだ自家製バンズ。

バンズ、パティ、チーズ、ソースとの一体感が素晴らしいですが、やはり肝は絶品ソースでしょう。最後はパリパリのビターなポテトフライにソースを付けて美味しくいただきました。

・抹茶アイス(テイクアウト可) ¥500

もちろん自家製。ピスタチオが品切れだったので、まったり抹茶で。

オーナーシェフの堀さんは、フランスや都内の高級レストランで腕を振るわれていた経験もあるということで、料理にも深い奥行きが感じられます。ソースが絶品、ジビエ料理が多いので秋冬は特に楽しそうなお店です。

ざっくばらんなムードの堀さんは歌舞伎座が近いこともあり、かなりの歌舞伎好き(ご贔屓は海老蔵さん)。丁度、歌舞伎座で海老蔵さん大活躍の昼の部「雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)」を拝見した後お伺いしたので、大変に盛り上がってしまいました!

これからはスモールワンダーランドに訪れる日をホリ(堀)デーと呼ばせていただきたいと思います。気楽に来れるお店ということが判明したので、また気楽にお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


アイコニック|素敵な見た目にプレザンテック!/the 354th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」354日目、ポールボキューズ、アルジェントASAMIなどひらまつ系列のフレンチ「アイコニック」さんにお伺いいたしました。

場所は銀座2丁目、ロフトが入っている商業施設「ベルビア館」の9階です。

バー併設の広々とした素敵なウェイティングスペースでしばし待ち。

メインダイニングがパーティーで使用不可のため1人でしたが個室にご案内され、さらに贅沢気分。

本日は一番リーズナブルな・メニュースペシャル ¥5,000(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・トリュフのクロケット

見た目がかなりトリュフなご挨拶。中はジャガイモ、モッツァレラ、もちろんトリュフも入っています。かなり濃厚なお味でトリュフスナック感覚で美味しいです。

・パン、ホイップバター

パンは2種類、ホイップバターは燻香を効かせてあります。

・アオリイカのグリエ、日本酒のグラニテ

ウニ醤油を使った高級イカ焼き、醤油の香りが香ばしいこと。マスの卵がお味と彩りアクセント。

・オマールエビのビスク 桜エビとクリームチーズのタルトレット

こちらも2種のエビの香りがすごい。タルトはスープに入れても美味しいです。

・寒ブリのレアグリル アボカドオイルソジャソース

付け合わせはキクイモのピューレとチップス、ホワイトアスパラガスとウルイのサラダ。 醤油がアクセントで使用されているのですが、それが強すぎてアボカドの繊細な香りは感じず。。。 外カリ中フワのブリは良い感じ、春を告げるウルイが滑って美味。

・ウズラのロティ セップ茸のピューレ

野に戯れるウズラを表現した素敵な見た目。ウズラはムネとモモ肉、どちらもさっぱりとした仕上がりで美味。 うずらの卵はジャガイモ、ちゃんと黄身変わりの栗が入っているのが楽しい。フォアグラと一緒に蒸し煮したキャベツが濃厚で美味。今年お初のたらの芽の天ぷらも良い感じでございました。

・トリュフの香るショコラパナッシェ

最後のデザートまで楽しませてくれます。 ブラウニー、マスカルポーネムース、トリュフとショコラのソルベ、トリュフクランブル。 トリュフの香りがかなり強烈。


最後は美味しい・小菓子(チーズケーキ、抹茶ケーキ、ほうじ茶クッキー)、コーヒーをいただきました。

同系列のアルジェント同様、インスタ映え間違いなしの華やかな料理の盛り付けで非常に楽しめました。トリュフ、エビ、醤油の香りが強すぎるなど、やや見た目重視な印象ですが、価格を考えると納得、十分満足できる内容かと思います。時間が無いことを伝えると料理もテンポ良くサーブしていただき、説明も丁寧、ストレスの無い快適なランチタイムでした。

「アイコニック」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ル ジャルダン デ サヴール |ベキャスの超衝動/the 346th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」346日目、本日はフレンチです。当ブログの47日目にご紹介させていただいた「ル ジャルダン デ サヴール」さんに、この時季だけのジビエをいただきにお伺いいたしました。

場所は東銀座6丁目、昭和通りから少し東(築地寄り)に入ったところのビル地下1階。

フランス国旗が目印です。

・キジ、イノシシ、ゴボウのパテ 金柑ソース

いきなり凄い破壊力、金柑好きです。

・潰しジャガイモのトリュフドレッシング和え トリュフ卵トリュフピューレ掛け

素晴らしく良い香り。ジャガイモ、トリュフ、卵を混ぜて三位一体でいただきます。 高級食材なのですが、気取りがなく、親しみの湧く、まったりした雰囲気が良いですね。

・八角風味スッポンの炭火焼と内臓入りそばの実のリゾット

こちらのスッポン料理も絶品。骨付きの前足、リゾットは滋味深い美味。

・温野菜のガルグイユ

フランスを代表する料理人ミシェル ブラス氏直伝のスペシャリテ。ブラス氏はこちらのお店の名付け親でもあり、中澤シェフの想いが沢山込められた逸品。野菜の旨みが強い込んだスープが美味しいです。

・クエのナージュ

上にはトリュフチップ、旨みが沢山詰まった頭は実は最も美味しい部位の1つ。骨が沢山あるので、会話もなく夢中でいただきます。

続いてメイン!

・ベカス(ヤマシギ)のロースト

「ジビエの王様」と呼ばれる希少なベカス。感謝の念が沸き起こる、素敵な見目と香り。 3週間熟成でお味も凄かったです! 今冬はジビエを何度かいただく機会がありましたが、比較にならないほどの力強い旨味。 非常に特徴的ですが、決して「クセのある」という表現は当てはまりません。とにかく旨い!奥に眠る何かが覚醒しそうな衝動。何故かイワシのような味がするもも肉も絶品!

トロッとアンニュイなムードなブレイン、カリカリトーストの乗った内臓も絶品。クチバシから骨までバリバリ残さずいただけます。 そしてベカスとコニャクのソースも超絶。パンに付けるだけで大変なご馳走です。流石は「王様」素晴らしい!

大満足の後は定番のデザート2種で興奮を落ち着けます。

・レモンゼリー、バニラアイス

・コニャック風味フォンダンショコラとキャラメルアイス

今は当たり前のファンダンショコラ、なんでも中澤シェフが考案した料理だとか。濃厚ですが、くどさがなく美味しいデザートです。

最後は・コーヒー、小菓子をいただきてゆっくりと。 今日は生涯記憶に残る良い1日でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。