ル ジャルダン デ サヴール |ベキャスの超衝動/the 346th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」346日目、本日はフレンチです。当ブログの47日目にご紹介させていただいた「ル ジャルダン デ サヴール」さんに、この時季だけのジビエをいただきにお伺いいたしました。

場所は東銀座6丁目、昭和通りから少し東(築地寄り)に入ったところのビル地下1階。

フランス国旗が目印です。

・キジ、イノシシ、ゴボウのパテ 金柑ソース

いきなり凄い破壊力、金柑好きです。

・潰しジャガイモのトリュフドレッシング和え トリュフ卵トリュフピューレ掛け

素晴らしく良い香り。ジャガイモ、トリュフ、卵を混ぜて三位一体でいただきます。 高級食材なのですが、気取りがなく、親しみの湧く、まったりした雰囲気が良いですね。

・八角風味スッポンの炭火焼と内臓入りそばの実のリゾット

こちらのスッポン料理も絶品。骨付きの前足、リゾットは滋味深い美味。

・温野菜のガルグイユ

フランスを代表する料理人ミシェル ブラス氏直伝のスペシャリテ。ブラス氏はこちらのお店の名付け親でもあり、中澤シェフの想いが沢山込められた逸品。野菜の旨みが強い込んだスープが美味しいです。

・クエのナージュ

上にはトリュフチップ、旨みが沢山詰まった頭は実は最も美味しい部位の1つ。骨が沢山あるので、会話もなく夢中でいただきます。

続いてメイン!

・ベカス(ヤマシギ)のロースト

「ジビエの王様」と呼ばれる希少なベカス。感謝の念が沸き起こる、素敵な見目と香り。 3週間熟成でお味も凄かったです! 今冬はジビエを何度かいただく機会がありましたが、比較にならないほどの力強い旨味。 非常に特徴的ですが、決して「クセのある」という表現は当てはまりません。とにかく旨い!奥に眠る何かが覚醒しそうな衝動。何故かイワシのような味がするもも肉も絶品!

トロッとアンニュイなムードなブレイン、カリカリトーストの乗った内臓も絶品。クチバシから骨までバリバリ残さずいただけます。 そしてベカスとコニャクのソースも超絶。パンに付けるだけで大変なご馳走です。流石は「王様」素晴らしい!

大満足の後は定番のデザート2種で興奮を落ち着けます。

・レモンゼリー、バニラアイス

・コニャック風味フォンダンショコラとキャラメルアイス

今は当たり前のファンダンショコラ、なんでも中澤シェフが考案した料理だとか。濃厚ですが、くどさがなく美味しいデザートです。

最後は・コーヒー、小菓子をいただきてゆっくりと。 今日は生涯記憶に残る良い1日でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


レ セゾン|魅惑の黒トリュフのパイ包み焼き/the 344th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」344日目です。本日はフレンチです。

日本を代表するホテル「帝国ホテル」のメインダイニング「レ セゾン」さんにお伺いしました。

レストランは帝国ホテルの2階。

入り口のプレートには『美味礼讃』で有名なフランスの美食家ブリア サヴァランの名言、「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」と記載されています。

重厚感のある広い店内、席間もゆったりとられており、椅子はふかふか。サービスも親しみがありながらも上品で丁寧、リラックスして食事をいただける環境です。

メニューを決める前にご挨拶の前菜・カンパチとチキンコンソメ、ピスタチオと海苔のムース

レ セゾンのオリジナル缶々に入った楽しい料理。 上はシナモン、ナッツで香り付け、食材の組み合わせが絶妙! これから繰り出される料理に期待が膨らみます。

そしてオーダーはお目当てのこちら。シェフ ティエリー ヴォワザンが贈る 「トリュフ」メニュー(5皿) ¥31,500(サ別10%)、8つのトリュフ料理の中から好きのものを選べるトリュフコースでございます。まずはこちらから。

・黒トリュフとじゃがいも(インカのめざめ)のサラダ

いきなりすごいインパクト! 黒いのは黒トリュフの塊なのです。香りはほとんど感じられませんが、このザクザク感! こんなトリュフの使われ方は初めてです。おそらく日本一高級なポテサラでございました。

・独自のスタイルにしたウッフポシェ「日の丸」

トリュフと卵の間違いのない組みわせ。日本のシンボル、梅のソースで日の丸を演出。黒トリュフを目の前で沢山スライスしていただきまして出来上がりです。フランス産の上質な黒トリュフの香り、最高クラスの芳しさ。中央の卵黄とトリュフソースを混ぜて至福の美味しさです。梅が合うのに驚きました。

・黒トリュフを香らせた蕎麦にほうれん草と酢橘

こちらも黒トリュフをかけていただき出来上がり。上にはそば粉のチュイール、そばの実を散らして。レ セゾン製の歯ごたえのある手打ちの十割蕎麦が美味しい。太めでソースによく絡みますね。ほうれん草は強めにスパイスを効かせておりエスニック、蕎麦とトリュフとの調和が楽しいです。とても興味深い一皿でした。

そしてお待ちかねのメイン!

・ジェラール ボワイエ氏 直伝の黒トリュフのパイ包み焼き

濃厚なオーラを纏う小さなパイ包み。 黒トリュフを沢山使ったペリグーソースの香りがたまりません!

真ん中からナイフを丁寧に入れると森の宝石。その上にはフォアグラ! 

ナイフを入れた時の香りを期待したのですが、それはあまり感じられず。今までの料理で香り慣れしたのかもしれません。しかしこのトリュフの柔らかでコリコリした独特の食感が大変気持ちよく、フォアグラとソースとの相性は言わずもがな。溺れたくなるほど美味しいソースもたっぷりと追加してもらい、バゲットに付けて美味しくいただきました。

デザートも絶品でした。

・黒トリュフのフォンダンショコラ、トリュフバニラアイス

3つのお団子の中にはトロトロ、トリュフチョコ。 1つ目はカットしていただきましたが、あと2つは一口で。 口の中でトリュフチョコボムが炸裂、駆け抜け染み渡る口福感! バニラアイスも美味しい。

さらにおまけの・小菓子4種

ヌガーグラッセ、パッションフルーツのタルト、マドレーヌ、オペラ。

・トリュフチョコ、ガナッシュ2種、オレンジピールまで。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

素晴らしいサービスに美味しい黒トリュフ料理、体が黒トリュフで満たされた感じで大満足です。特に「黒トリュフのパイ包み焼き」は個人的には星の発見より嬉しい料理でした!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


レストラン 日水土|体が喜ぶお野菜ランチ/the 342th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」342日目です。本日は野菜メインの自然派「レストラン日水土-ひ みず つち」さんにお伺いいたしました。

場所は銀座1丁目、先日ご紹介したイタリアン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」さんの近く、ほぼ新富町です。

もともと入っていたビルの建て替えのため、2017年8月に移転しています。早速後日ランチにお伺いしました。 1,2階が野菜や自然食品の販売所、3階がレストランになっています。

以前のお店同様、レストランは木を沢山使った温かみの雰囲気。カウンターも3席あるので、お一人様でも利用しやすいですが、人気店ですのでランチでも予約がお勧めです。

ランチメニューは¥1,800からありますが、本日は肉or魚料理が付く・ハーモニーランチ ~水~ ¥2,500をお願いしました。

・季節野菜のサラダ

上には切り干し大根、下には赤カブ、紅しぐれ大根、大豆ペースト入り。

・石川産サワラのポワレ、野菜料理8品の盛り合わせ

野菜料理はヒジキ煮付け、大根と根菜グリル、紅くるり大根の白味噌餡、カブ、カボチャ、サツマイモなど。


分厚いサワラは良い塩梅に脂が乗っており美味。体に優しい新鮮野菜料理は1品1品の量もあるので、お腹もいっぱいになりますね。

・羽釜炊き自然栽培米、天然醸造味噌『蔵の郷』のナメコ味噌汁

お米は宮城県ササニシキの9分づき。嬉しいお代わり無料です。

そして追加でオーダーしたのが・天然わら納豆 ¥500

納豆500円は高いと思うなかれ。海苔と大葉が2枚ずつ付いており、ご飯も入れた納豆巻きの美味しさはなかなかに素晴らしい。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

・デザート盛り合わせプレート(ドリンク付き) ¥600

自然栽培りんごのコンポート、バニラアイスと米粉のチュイール、緑茶と小豆の米粉ロールケーキ、ココア米粉シフォンケーキ クリーム添え、柚子とハチミツのジュレ、豆乳の生チョコ 国産グァバソルベ。 でれも優しい甘さで間違いのない美味しさ。

最後は美味しい・ウガンダ産 自然栽培コーヒーでゆっくりと。

スタッフさんも自然体で感じよく、お店の雰囲気とぴったり、サービスの・自然栽培ほうじ茶も美味しいです。野菜が食べたくなったらお伺いしたいお店の1つです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「レストラン日水土」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ビストロシンバ|雷鳥が告げるジビエの季節/the 329th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」329日目です。前回に引き続き本日もフレンチ。前回は伝統のあるグランメゾンでしたが、本日は気軽なお店「ビストロシンバ」さんにお伺いしました。当店からはかなり遠いのですが、とても良いお店なのでご紹介させていただきます。

場所は銀座1丁目、京橋公園の向かい側、20m先はもう新富町という銀座の端っこです。

温かみのあるオレンジの外観が目印です。カウンターも4席あるのでお一人様でも安心です。 目の前は京橋公園ととても気持ちの良いロケーションですね。ちなみにコースは¥4,900からと手頃な価格設定です。 

一度食べてみたかった雷鳥が入荷したとのことで早速お伺い!雷鳥までにお時間がかかるので、色々オーダーしました。

・モンサンミッシェルムール貝のホイルバロン ¥1,400

シンプルな白ワイン蒸し、ホイルを開けた時に立ち上る香りが素敵。スープもパンに付けて美味。

一皿目はどのお客様にもシェフが直接サーブし、一声掛けられていました。これだけで初めてでも一気に寛いだ気分になります。 こういった心遣いが随所に見られるのですが、スタッフの方全てに浸透しているのが本当に素晴らしく、お店の大きな魅力となっています。

・大分産カワハギマリネとマッシュルーム ノワゼットの香り ¥1,700

マッシュルームの下には食感の良いカワハギの肝和え。秋の味覚。ヘーゼルナッツが効いています。美味。

・ブイヤベース(別の日のコース料理で)

とても美味しいブイヤベースです。 シェフにストウブ ココットに入ったスープを掛けいただき完成。濃密な香りに包見込まれるようです。 魚介は海老、タチウオ、アイナメ、サゴチ、ホタテ。 スープの量はかなりありましたが、すいすい吸収されていきます。最後はバゲットに付けて、一滴残らずいただきました!

続いてメイン!

・香るジビエ 雷鳥(グルース)のフォアグラファルシ ¥6,000

鶏系ジビエ料理では定番のフォアグラ詰め。雷鳥の下にはキノコや栗。フランスでも天然記念物指定されたそうで、スコットランドからはるばる到着。 クセがあるものかと思っていたら全然そんなことはなく、軽い苦みを感じる程度でしょうか。山ウズラとも違う個性的な味わいで、とても柔らかくて美味しいお肉です。 いつもは主役級のフォアグラが、今回は控えめに雷鳥の引き立て役に。


上は胸肉、下はもも肉のミンチで2種の味わい。調理法にもよると思いますが、私は胸肉が好み。 皮がもの凄く苦いそうですが、とても綺麗な仕上がりです。そしてここからシェフの本領発揮!

お好みでどうぞという雷鳥の骨の出汁ソースと発酵胡椒。

シェフ曰く「これが本来の雷鳥の味に近いと思う」とのこと。試しにそれだけいただいてみると、はっきりと苦味を感じるソース。 そして実際お肉に掛けて食べてみると、不思議と苦味より甘みが全面に出てくるよう。鼻から抜けるノーブルな香りも心地よく絶品! フランス料理ならではのソースマジック、「香るジビエ」とは言いえて妙ですね。 通常2人前の1羽を1人でいただいたこともあり、初の雷鳥、大満足です。

デザートの・パリブレストは別腹処理にて。

コンセプトは「シンプルで、香りがあって、あったかいサービス」、家族のようなスタッフの皆様、お店の雰囲気はコンセプト通りの素晴らしさです。カウンターもあり、1人でも気軽に行けるのもポイントです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

そして翌朝目覚めると口の中に小さい雷鳥がいる。この力強さも素敵ですね。ごちそうさまでした!

「ビストロシンバ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。