ダイナミック・フレンチ “ル・ジャルダン・デ・サヴール”さん/the 47th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、47日目です。

本日は久々にフレンチです。

東銀座6丁目にある”La jardin des saveurs-ル・ジャルダン・デ・サヴール”さんにお伺いしました。

親しみやすいエントランスです。

ランチコースは2種類のみ。今回は”3皿のコース”¥4,500をオーダーしました。

アミューズ “ハマグリとキャベツの冷製仕込み”

見た目のハマグリ感は全くないですが、その旨味はしっかり感じられます。

美味しいですね。

前菜 “ミシェル・ブラスのスペシャル 20数種類の温野菜のガルグイユ” +¥1,500

フランスを代表する料理人ミシェル・ブラス氏のスペシャリテ、ガルグイユ。

元はフランスの郷土料理のようです。

全ての野菜が、絶妙な具合、そして素晴しい調和。見た目以上に手の込んだ活力の湧く料理です。

バターベースのソースがまた絶品!

魚料理 “ヒゲダラのポワレ ふきのとうのピューレ アーティチョークと小松菜添え”

ヒゲダラ初めて食べました。とても珍しい魚で、タラの仲間ではないそうです。

外はカリカリ、中はふっくらな素敵な蒸し焼き加減。

ヒゲダラの甘味が、ふきのとうのピューレでより引き立つ感じ。美味しいです。

肉料理 “フランス産鶏モモ肉のコンフィ そのジューと白菜添え”

こちらも魚料理同様、絶妙です。

外はカリカリ、中は旨味凝縮の芳潤な味わいです。

ボリュームもあり、かなりの満足(腹)感。

デザート “黒ごまのブランマンジェ”

こちらも、かなり濃厚なデザートたち。

でも、美味しいので瞬食です。

“コーヒー”

最後はコーヒーでホッと一息。

フレンチ感満点の美味しいお料理でした。ごちそうさまでした!

地下1階はカウンター8席、テーブル席2席のオープンキッチン。

シェフの動きが間近に見られて、かなりの臨場感です。

“La jardin des saveurs-ル・ジャルダン・デ・サヴール”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です